奥手な男性は、女性に好意を持っていても、なかなか行動を起こすことができないんだとか。

そんなときは、女性の方から背中を押すと、一歩を踏み出す勇気が出ることでしょう。

今回は、奥手な男性の「スイッチを入れる」ひと言を紹介します!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

奥手な男性の背中を押す「女性のひとこと」3選

嫉妬を匂わせる

「嫉妬」というのは「好き」という感情の裏返し。

それは奥手な男性もわかっているので、自分に対して嫉妬をしてくれる女性からは好意を感じ取るはず。

気になる彼が他の女性のことを褒めたり、他の女性と食事に行ったりしたときは、さりげなく「なんか嫉妬しちゃうな」とつぶやいてみるといいかも。

そんなことを言われたら、「それって、俺のことが好きってこと?」と、男性はドギマギするでしょう。

デートの提案をする

奥手な男性は、好きな人と同じグループでいることに満足している場合もあるようです。

そのため、なかなかデートに踏み切れないこともあるんだとか。

複数人で遊びに行った際に、「今度は2人で来ようよ」と言ってみるのはかなり効果的。

そうすることで、自然とデートのお誘いができるはず。

いくら奥手な男性であっても、さすがに好意を感じ取るでしょう。

デートを延長する

奥手な男性とデートできる関係にあるならば、あともう一息です。

もしかしたら、女性の好意に自信が持てないだけかも。

そんなときは、デートの終盤に「もうちょっと一緒にいてもいい?」と言ってみて。

「デートが楽しい」という気持ちを彼に伝えることができるでしょう。

好意を伝えるには…

奥手な男性は、恋のアクションを起こすのが苦手なことも多いです。

もし気になる男性が奥手な場合は、女性の方からちょっと積極的に動いてあげるといいかも。

自分への好意を感じたら、断られる不安も薄れるので、奥手な男性もスイッチが入るはずですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)