男性は、彼女に癒やしを求める傾向があります。

仕事や対人関係のストレスから解放され、彼女の優しさに包まれたい……と思うのだとか。

そのため、癒やしとは対極にいる女性は敬遠されることも。

今回は、男性に「一緒にいて疲れる女性の特徴」を聞いてみました。

男性に聞いた!一緒にいて疲れる女性って?

声が大きすぎる

「近くにいるのにびっくりするような音量でしゃべってくる子、まじでやめてほしいですね。耳がキーンとなって疲れます……」(30歳男性/人材)

ハキハキ話すのと、ただ大きな声で話すのは似て非なるものなのだとか。

その場の状況を考えずに大きな声で話し続けるのはNG。

「うるさい」と思ってもなかなか注意しにくいので、次第に近付かないようになる人も。

楽しいときほど声が大きくなりがちですが、気を付けるようにしましょう。

一緒に行動したがる

「コンビニに行くのさえ、ついてきたがる元カノがいました。自分の時間が削られてる気がしてかなりストレスでしたね」(33歳男性/メーカー)

付き合っているからといって、いつでもどこでも一緒……というのは疲れるという男性も。

もちろんそういうタイプの男性もいますが、そうでない男性もいるのを忘れずにいましょう。

ときには一人の時間を設けたほうが、より安定した関係を築けるかもしれませんよ。

なんでも深刻に捉える

「冗談も真剣に受け取られてしまうと、この子には気を遣わなきゃいけないなって思いますね。言葉を選んで話さなきゃいけないので、割と適当タイプな俺は疲れちゃいます」(29歳男性/美容師)

心配性な人だと、ちょっとした冗談も重く受け止めてしまうようです。

冗談やノリで会話を楽しむ男性からすると、疲れを感じることもあるのだとか。

相手と温度を合わせて会話を楽しめるといいですね。

自分語りばかり

「延々と自分語りをしてる女性といると、結構疲れますね。俺が話を変えようとしても『それでさ~』と自分の話に持っていかれると、ある意味すごいなと思うけど……」(27歳男性/IT)

自分の話をするのが好きな人は、無意識に他人の話を奪っている可能性があります。

話したいことを気持ちよく話せないのは、ストレスになることも。

会話のキャッチボールを意識するようにしましょう。

いい距離感をキープしよう

一度でも「一緒にいて疲れる」と思うと、逃げ出したくなるという男性も。

相手に依存しすぎず、自立できるようにしましょう。

お互いにバランスの取れた関係を目指せるといいですね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)