「ダメな子ほどかわいい」という言葉は、よく聞きますよね。

彼氏の場合も、ちょっとダメでかっこわるいんだけど、逆にそこがたまらなく愛おしい!という場面があるかもしれません。

そこで今回は、愛すべき「ダメ彼氏」のエピソードをご紹介します。

欠点もかわいい♡愛すべき「ダメ彼氏」のエピソード3つ

嫌いな食べ物がある

「10歳年上の彼氏。普段は頼りがいがあるのに、こんにゃくが大嫌い。肉じゃがに入ってる糸こんにゃくをせっせとより分けて『お願い、これだけ食べて……』と差し出してくるのがかわいいです♡」(24歳女性/事務)

好き嫌いなくなんでも食べる人より、嫌いなものは絶対食べないというダメなところがある男性、少しかわいいかもしれませんね。

彼がヘルプを求めてくるのは、あなたが自分の弱みを見せたり甘えたりできる相手だから。

信頼して心を許している証拠ですよね。

彼の弱さも認めて、そっとフォローしてあげましょう。

だらしない服装をしている

「会うたびにどこか服装がだらしない彼氏。シャツが片方出てたり、仕事帰りでネクタイが曲がってたり……。いっつも『もー!しっかりしてよ!』と言いながら直してあげてます(笑)」(28歳女性/公務員)

「もーまたシャツが出てるよー」とか「ネクタイまた曲がってる」とか言いながら、彼の服装を正してあげるのも彼女の喜びかもしれませんね。

でも、毎回彼女が直してあげていたら、彼はあなたのことを母親だと勘違いしてしまうかも。

彼のダメかわいいところは愛おしみつつ、母親にならないように気を付けましょう。

忘れ物をする

「誕生日に夜景の見える素敵なレストランに連れてってくれたんですけど、『あー!プレゼント忘れた~!』って慌て始めてびっくりした。他にもデートに財布や傘を忘れてきたこともあるし、忘れ物が多いんですよね。そこがかわいくて好きですが」(25歳女性/販売員)

記念日デートを素敵なものにしようとレストランを予約して頑張ったはずなのに、当日プレゼントを忘れるというどこか抜けたところのある彼。

「私がしっかりしなきゃ!」という女性の母性本能をくすぐるダメかわいい彼氏の代表格なのかもしれません。

ときには「外出前にちゃんとチェックした方がいいよ」とか「必要なもののリストを書いて準備したら?」など、叱ってあげるのもよさそうです。

かわいいけど甘やかしすぎはダメ

食べられないものがあったり、服装に乱れがあったりと、ちょっと抜けていてダメなところがある男性。

そんな部分も欠点と捉えず、愛してあげられるといいですね。

ただし、甘やかしすぎてダメ男を製造しないように注意しましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)