好きな人ができても、自分からアプローチするのは難しいですよね。

しかしなにもしないままでは、気持ちに気付いてもらえないことも。

今回は、片思い中にできるアピール方法を6つご紹介します。

できることから試してみてくださいね。

ドキッとさせちゃう♡片思い中にできるアピール方法6つ

1:目が合ったらほほ笑む

好きな人のことは、自然と目で追ってしまっていることも。

そうするうちに、目が合うこともあるはず。

焦って目をそらすのではなく、ほほ笑むようにしましょう。

目が合うだけでもドキッとするのに、笑顔を見せられると意識してしまうという男性も。

アイコンタクトを上手に使えるといいですね。

2:彼のことをリサーチ

気になる彼の好みや行動範囲を事前にリサーチしておくと、会話が盛り上がりやすくなるでしょう。

SNSをチェックしたり、周囲の友達に話を聞いたり、彼の持ち物を観察するなど……。

「私のこれ好きなの!」と、そのまま会話につなげられる可能性もありますよ。

3:たくさんほめる

女性からほめられてうれしくない男性はいないのだとか。

ささいな変化に気付いたり、彼の自信がある部分に注目したりしてほめるといいでしょう。

「自分のことをよく見てくれているんだ」と関心を持ってくれるかもしれませんね。

4:相談を聞いてもらう

頼られることで自信を持てるという男性が多いようです。

仕事のことでも人間関係のことでも、悩みがあるなら聞いてもらうのもいいかもしれません。

2人だけの秘密を共有したり、気にかけたりすることでそのまま気になる存在になることもあるようですよ。

5:彼の趣味に興味を持つ

自分の好きなことなら、いくらでも話せるという人が多いのではないでしょうか。

彼の趣味や得意なことを聞き、それに関して教えてもらうのもいいかも。

「気になる」や「やってみたい」と興味を示せば、デートにつながる可能性もありますよ。

6:彼の話をする

彼との間に共通の知り合いがいるのなら、彼の話をしておくのもいいでしょう。

恋愛感情の有無は伝えずとも、彼をほめたり彼の話題を出すだけでもOK。

まわりまわって彼の耳に届くかもしれません。

まずは行動しよう

女性からの好意に気付くと、いつの間にか気になっていたという男性もいるようです。

なにもしないよりは、できるアプローチをしておくのがいいかもしれませんね。

少しずつ距離を縮め、思いを伝えましょう!

(阿久津沙良/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)