好きな人と仲良くなれても、なぜか友達止まりで終わってしまう方もいるはず。

男性のなかで「友達」と「好きな人」との境界線はどこにあるのでしょうか。

今回は、友達止まりになりやすい女性の特徴をご紹介します。

なにがダメなの?友達止まりになりやすい女性の特徴

友達が多い

誰にでも優しく、明るくてかわいく、気遣いもできる……そんな女性に惹かれる人が多いはず。

彼女らは、男女問わず友達が多いタイプだといえるかもしれません。

しかしそんな女性が相手だと、逆に恋愛対象として見られないという男性もいるのだとか。

みんなに対していい子な姿を見て、「演じてるんじゃないか」などと思うことも。

とくに男友達が多い女性には、「自分には無理」と諦めてしまうこともあるようですよ。

思いやりがない

友人間でも、プレゼントや差し入れなど贈り物のやり取りをすることもあるはでしょう。

そんなとき、お返しをしなかったり明らかに安物なお返しだったりしたときに、ガッカリする男性も多いようです。

値段を比べるというよりも、その思いやりの差が気になることもあるのだとか。

「これでいいや」ではなく、「喜んでもらいたい」の気持ちで選ぶようにしましょう。

自分勝手

自分勝手

男性の多くは、甘えられたりわがままを言われたりするのをかわいく思うことも。

しかしあまりにも自分勝手な場合は、うんざりするのだとか。

なんでも「いや」と言ったり、相手を振り回すような言動ばかりになったりしないよう、気を付けましょう。

上手に甘えられるといいですね。

マナーがなっていない

LINEはいつどこででも送れる便利なものですが、非常識な時間帯に送信するのはNG。

相手が通知をオンにしていたり、それで目覚めてしまう可能性も。

「これくらいなら大丈夫」と甘えず、きちんと常識の範囲内で行動するようにしましょう。

友達のその先へ…

仲のいい友達にまでなれるのは、彼にとっていい印象だからでしょう。

あと一歩を超えられるように、そこで損をしないように気を付けられるといいですね。

友達から進展したいのなら、ささいな言動まで意識してみるといいかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)