束縛されたいという人もいれば、束縛なんて恋人同士でもありえないという考えの人もいます。

とはいえ、あまりにも酷い束縛を嫌う男性は多いもの。

そこで今回は、男性がうんざりする「彼女からの束縛」をご紹介します。

別れの原因になりました…男性がうんざりした「彼女からの束縛」3選

毎日の連絡を強要された

「とくに理由もなく『毎日連絡してくれないとイヤ』っていうのは無理ですね。もちろん、連絡できるときはしますよ。

でもこっちも仕事でいそがしかったり、別の用事で疲れきっていて、連絡できない日もあるでしょ。それなのにとにかくさびしいから毎日連絡してくれないと嫌だ!みたいな子は付き合えません」(36歳/自動車)

大好きな彼とは毎日連絡を取り合いたいですが、それを義務のように押し付けてしまうのはNG。

めんどうに思われるかもしれません。

予定を細かく聞かれた

「元カノが束縛ひどくて、友達と遊びに行くっていうと『どこに何時から?何時ごろに帰ってくるの?』って、まるで事情聴取みたいに聞かれてました。

なんか浮気を疑われてるみたいで……。僕自身はやましいことはまったくなかったので答えてましたけど……そういうのが重なって、つらくなって別れました」(25歳/広告)

彼が自分と一緒にいない間になにをしているのかって、やっぱり気になっちゃいますよね。

でも、友達との遊びに釘を刺すような行動はやめましょう。

帰ろうとするとごねられた

「彼女とお家デートしてご飯を食べて『今日はまだ仕事があるから帰るね』って言っているのに、『帰っちゃヤダ』とか言って泣き出して……。

あれはないなと思いました。こっちの状況もわかっていないし、ワガママにもほどがあると」(31歳/自営業)

仕事に支障があるようなワガママを言われると、たとえ彼女でも「ありえない」と感じてしまうことも。

相手の仕事を理解してあげましょう。

束縛はしすぎないで

少しの嫉妬ならいいですが、過度な束縛を押し付けすぎるときらわれちゃうかもしれません。

そうなってしまったら、関係の修復はむずかしいでしょう。

注意してくださいね!

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)