自分では謙遜やなんてことない発言のつもりでも、相手を困らせている可能性があります。

男性の前でやってしまうと、恋愛対象外だと判断されることも。

今回は、男性に「反応に困る女性の発言」を聞いてみました。

男性に聞いた!反応に困る女性の発言って?

「もう若くないから」

「20代後半の女性とお酒を飲んでいるとたまに『私はもう若くないから』とか言われるけど、あれは反応に困りますね。若い女性に勝てないって思ってるんでしょうね」(30歳男性/SE)

自虐のつもりでも、「若くないから」や「おばさんだし」などの発言をしたことはありませんか?

男性としては、女性の年齢についてあまり触れたくないのだとか。

会話が白けたり盛り上がらなくなったりする可能性もあるので、なるべく控えたほうがよさそうですね。

「楽しくないですよね」

「一気にしゃべったあとに、いきなり我に返った感じで『ごめんなさい。楽しくないですよね』っていう女性がいますが、『楽しいよ』としか返せないですよね。

でも『そんなことないですよ、ごめんなさい』ってなるんですよ。あれは本当困ります」(28歳男性/アパレル)

相手を気遣ったつもりでも、「楽しくないですよね」と言うのは困らせている場合も多いようです。

内心どう思っていても、「そんなことないよ」と答えるしかないのだとか。

一人でたくさん話しすぎても、「楽しくて話しすぎちゃった、ごめん!」など明るい言葉をかけられるといいですね。

「私ってうざいですか?」

「この前デートした女性がいて、一緒に飲んでいたら『私ってうざいですか?』って言われて焦りました。

つまんなそうな顔してたかな、とか考えちゃって。そういう発言されると、気を遣わないといけなくなるから困りますよね」(26歳男性/不動産)

冗談でも本気でも、「うざいですか?」と聞くのはNG。

相手の反応を困らせるだけでなく、その場の空気を取り戻すのも大変でしょう。

こう声をかけることでうざいと思われる可能性もあるので、注意しましょう。

「私は面倒くさい」

「『私って面倒くさい人間なんですよ』って言ってきた女性がいましたけど、あれは反応に困りましたね。その報告をする女性は、どんな反応をしてもらうことを期待してるのかわからないです」(32歳男性/人材)

自ら相手に「面倒くさい」と言っておくことで、予防線を張るのは逆効果なようです。

反応に困らせる発言をすることで、かえって面倒くさがられるかもしれません。

「自覚あるのに直さないのかな」と思われることも。

予防線を張るくせがある人は、気を付けましょう。

ポジティブを意識して!

自虐的な発言がプラスに働くことはなさそうです。

口ぐせになってしまうとなかなか抜けられないかもしれませんが、だからこそ意識して直しましょう。

楽しく会話するためにも、前向きな考え方になれるといいですね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)