ほめられていやな気分になる人はほとんどいないはず。

気になる彼との距離を縮めるのにも、ほめ言葉が役に立つかもしれませんよ。

今回は、男性を喜ばせるほめ方をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ただ「すご~い」じゃダメ!男性を喜ばせるほめ方って?

持ち上げる

多くの男性はプライドが高く、見下されるのを嫌う傾向があります。

「頑張ったね」や「よくできました」などの言葉は、上から目線に感じられてしまうことも。

ほめるときは「尊敬する」「頼れる!」など、とにかく大げさなくらい持ち上げるのがいいかもれません。

わざとらしくならないよう、その場に合わせてほめるのがポイントです。

意外なポイントを見つける

たとえばイケメンに「かっこいいですね」とほめたところで、たいした印象には残らないことも。

そういった男性には「すごく真面目そうですね」「誠実そうですよね」など、第一印象とは別のことを伝えるのがいでしょう。

真面目そうな人には「話していて楽しい」、ムードメーカーで一見おちゃらけている彼には「大人だね」と言うのも◎。

そうすると、「この人は自分の中身までちゃんと見てくれているんだ」というように、相手の印象に残りやすくなるはず。

恋愛だけでなく、ビジネスなどいろんな場面で使えるでしょう。

特別感を出す

気になる男性にアプローチするには、特別感を出すのが効果的でしょう。

「やっぱり○○さんに頼んでよかった」「一緒にいてこんなに楽しいの、○○さんだけですよ」と伝えれば、彼をドキッとさせられるはず。

誰にでも言っていると思われてしまったら効果は半減してしまうので、ここぞというときにだけ使いましょう。

上手に使いこなそう

ほめると言っても、適当にほめ言葉を並べればいいわけではないようです。

タイミング、内容、言い方などさまざまな要素が必要になることも。

その場や相手に応じて、上手にほめ言葉をかけられるようになるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)