彼氏と会う約束をしようとすると、「忙しい」と言われてしまう……とお悩みの方はいませんか?

忙しさに理解を示しつつも、彼との時間も大切にしたい気持ちとの間で揺れ動くこともあるはず。

今回は、「忙しい」と言う男性の本音をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

会えないと不安…「忙しい」と言う男性の本音は?

仕事で疲れている

男性の多くは、仕事を中心とした毎日を送っています。

ただ業務内容がたくさんあり「忙しい」と言う場合もあれば、仕事関係の付き合いや休息する時間も考えたうえで「忙しい」と言うことも。

そういった「彼女に手を回す余裕がない」状態のときには、会う時間を作るのさえ疲れを感じるのだとか。

物理的に忙しいだけでなく、精神的に余裕がない場合もあるようなので、彼を追い詰めないようにしたいですね。

余裕がないから

付き合いはじめの時期はとくに、彼女に本音を言えないケースもあるようです。

彼女のことは好きでも、まだ甘えられない関係だと、忙しいときに会おうとは思わないのだとか。

100%彼女を楽しませることができるときにしか会おうと思わないという人もいます。

まだ緊張感が漂っていたり、心を許せる関係でなかったりする場合は、疲れることも。

時間はかかるかも知れませんが、彼があなたに甘えられるようになれば、少しずつ会える頻度が上がってくるはずですよ。

「忙しい」と言われたら

彼から「忙しい」と言われたら、黙って待つのが正解でしょう。

もしあなたのことが嫌なら、「忙しい」という言葉だけでは片づけないはず。

好きだからこそ、後回しにしている可能性もあるので、ここは彼を信じて邪魔しないで待つことが大切です。

ときにはがまんも大切に

彼に余裕がないときに連絡をしたり会おうとしたりすると、かえって追い打ちをかけてしまうことも。

寂しい気持ちになるかもしれませんが、グッとこらえましょう。

自分もほかのことに時間を使ったりと、充実した時間を過ごせるといいですね。

(只野/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)