彼との距離を縮めるのにLINEは欠かせないアイテムです。

でも、文字だけで相手の心を刺激するのは、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、文字だけでも相手をドキドキさせるLINEをご紹介いたします。

彼との距離を縮めるLINEの特徴3つ

お願いLINE

LINEの場合、声のトーンや表情が伝わらないので、なかなか「お願いごと」をするのは遠慮しがち。

でも、小さなお願いごとをすることで相手に親近感を持ってもらい、ドキドキさせるきっかけにもなるのです。

「もし、よかったらなんだけど、明日〇〇手伝ってくれない?」

「ちょっとだけ、話聞いてもらってもいいかな……?」

他の人がいないLINEでお願いすることで、特別感を演出できるはず。

お願いごとをされることで、「頼られている」と彼も実感するでしょう。

ぜひ、力になってあげたい!と思ってもらえれば、距離をぐっと縮められるかも。

焦らすLINE

気になる彼とのLINEはできるだけ、早く返信したい人も多いでしょう。

返信が遅かったせいで、彼の気持ちが離れていかないか……と不安になるかもしれません。

しかし、たまに返信時間を遅らせるのもオススメです。

「あれ?ちょっと遅いな?」「忙しいのかな?」「どう返すか考えてるのかな?」など、彼のなかでの存在感が増すはず。

「気にしてしまう時間=こちらのことを考えている時間」とポジティブに考えましょう。

気にすれば気にするほどドキドキするので、いつもの返信が早い方こそ、その効果も大きいかも。

褒めるLINE

褒められて悪い気がする人は少ないでしょう。

そのため、男性との距離を縮めるテクニックとして「褒める」ことは、定番になっています。

LINEの場合には、ちょっと一工夫して、尊敬の念が伝わるようにするのがオススメ。

「〇〇くんのそういうところ、ほんと凄いって思う」

「なかなかできないことだと思うし、憧れる!」

尊敬の念を交えることで、上から目線にならずにすみます。

また、男性からしても、頼れる存在や異性として見られているように感じ、ドキドキするはずです!

LINEにも一工夫

LINEでの会話は、表現方法やちょっとした言葉遣いで、相手との距離を縮められるもの。

ぜひ、今回ご紹介したテクニックを使って、彼をドキドキさせてみて。

彼との距離がぐっと縮められるかも。

(山田あいこ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)