LINEは文字でのやり取りがメインですが、スタンプを使えるのも魅力の一つでしょう。

しかし間違った使い方をすると、相手に不快な思いをさせることも。

今回は、男性がいやがるLINEスタンプの使い方をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

これは引く…男性がいやがるLINEスタンプの使い方とは

スタンプでしか返信しない

なにを送ってもスタンプでしか返信をしない人へのLINEを面倒に感じる人が多いようです。

なんだか会話をすることを拒絶されているようにも感じるので、「俺とは話したくないのか」とショックを受けるという男性も。

会話のなかに上手にスタンプを入れ込むのは、いいアクセントになります。

しかしすべてをスタンプだけで済ませようとすると、茶化しているような印象を与えることも。

とくに上司や先輩など、年上の男性にはあまり使わないようにしましょう。

ひたすら連打する

女友達とスタンプの連打をし合って、楽しむこともあるでしょう。

ときには盛り上がることもあるかもしれませんが、男性はあまりそういった楽しみ方をしないもの。

無駄にスタンプの連打をされりと、うっとうしく感じるという人が多いようです。

男性は、LINEをコミュニケーションツールというより連絡ツールとして捉えている傾向があります。

とくに用件もがないときには、無駄にスタンプを送らないようにしましょう。

意味のないものを送る

スタンプのなかには、絶妙な表情のキャラクターのものなど、深い意味を持たないものもあるはず。

会話の最中にそういったスタンプが送られてくると、どう返信したらいいのか困るという男性も。

相手を楽しませようとしていても、相手は迷惑に思う可能性があります。

送るタイミングや数を間違えないよう、気を付けましょう。

真面目な話の最中に送る

真面目な話をしているときにスタンプで返信をされたら、茶化されているかのような気分になるという男性も。

真剣な姿勢で向き合わなければ、「この子に話すんじゃなかった」と思われる可能性があります。

スタンプはポップな印象を与えるものなので、悲しい話をしているときなどにも送るべきではありません。

TPOをきちんとわきまえるようにしないと、信用されなくなるかもしれませんよ。

使い方を間違えないで

LINEのスタンプを愛用している人も多いのではないでしょうか。

手軽に使えるものだからこそ、注意が必要になります。

上手に使いこなして、彼とのLINEを盛り上げましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)