LINEは続くのに、その後の発展がない……。

やり取りできているなら可能性はゼロじゃなさそうですが、もしかしから相手には他に本命がいるのかもしれません。

一度、彼とのLINEを振り返ってみましょう。

今回は実際の体験談をもとに、男性からの脈なしLINEをご紹介します。

長続きしても本気じゃない…男性からの脈なしLINE体験談3選

「○○ちゃんってかわいいよね」

「彼はやさしい人で、しょっちゅう『○○ちゃんって本当にかわいい』とLINEをくれました。
でも絶対に『好き』『付き合おう』とは言わない。
案の定ほかに遊んでいる子は何人もいたみたいだけど……。
まぁ告白されたわけじゃないし、私は何か言える立場ではないですよね」(28歳女性/一般事務)

付き合っていないのに「かわいい」と連呼する理由は、そう言えば女性が喜ぶと思っているからです。

言葉に重みを感じられない場合は、脈なしだと考えていいでしょう。

距離を置いてみて、彼が追いかけてこなかったら、それが彼の答えなのかもしれません。

「いいね!」

「『行きたいお店がある』と送っても、『それいいね!』としか言ってくれなかった男性。
多分私に興味なかったんだろうな……」(27歳女性/受付)

好意があれば、デートにつなげようとするはずです。

否定はしないけれど行動にも移さない男性は、そこまであなたに本気ではないのかもしれません。

質問がない

「『映画観に行ってくる』『明日テーマパーク行くんだ』と報告しても、一切相手を聞いて来ない人。
『楽しんできなよ~!』くらいのアッサリした反応だと、友達としか見られていないんだなって思います」(23歳女性/アパレル販売)

「もしかしてデート?」と思うようなスポットへ行くのに、詮索してこない場合。

もちろんシャイな男性もいるので何とも言えませんが、「誰と行くの?」など質問をしてこない場合は、そこまであなたに興味がないと考えるのが妥当でしょう。

連絡はいつも自分から

「いくらLINEが続いているといっても、自分から連絡してばかりでは微妙だよね。
彼もスルーはできないから、仕方なく付き合ってくれているのかもしれない」(30歳女性/経理)

LINEは続くけど、始まりはいつも自分からという場合も「脈なし」の可能性が高いです。

LINEが苦手な男性でも、好きな人とのLINEは自分から始めたいと思うはず。

ちょっと連絡をやめて、彼が追いかけてくれるか見たほうがいいかもしれません。

「余裕がある態度」に注意

人は、恋をすると余裕がなくなるものです。

逆に、相手から常に余裕を感じる場合は、自分を恋愛対象として見ていないのかもしれません。

ただの遊びの可能性もあるので、彼にのめり込む前に一度客観視したいところですね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)