人生のなかで一度は男性からモテてみたいもの。

しかしその気持ちが前に出すぎてしまうと、空回りして「ウザ女」認定されてしまうかもしれません。

そこで今回は、じつはモテない…男性に引かれる「NG言動」をご紹介します。

気を付けて!じつはモテない…男性に引かれる「NG言動」とは?

高い理想を語る

誰しも交際相手の「条件」がありますよね。

優しい、カッコいい、ファッションセンスがいい……それを男性に話すのはNGです。

その言動、男性サイドからすると「夢見がち系の女性」に分類されてしまうのだそう。

もし相手に求める理想があるなら、「できれば私の前ではいつもカッコよくいてほしいかも!」なんてやんわり理想を言ってみるのがベストでしょう。

モテる女性というのは理想を男性に伝えることはせず、自分で好みの男性に寄せていく力を持っているものですよ。

自虐する

自分に自信がない人ってつい自分のことを否定してしまう傾向にありますよね。

自分で自分を下げる話題は男性から「面倒だな……なんて言っていいかわからない」と線引きされてしまう決定打に……。

もしこのような話題を提供したいのなら、終わりは「ポジティブにシメる」を意識して話してみると良いでしょう。

「私なんて」と卑下するのではなく、自信を持って話してみてください。

否定する

男性に褒められたときに謙遜や否定をしてしまうのはNGです。

せっかく褒められているのにそれを否定してしまうと、相手も「言わなきゃよかったかな?」なんて変に気を遣ってしまうので気をつけたいところ。

こんなときは、素直に受け取ればよいのです。

たとえば「髪型すごくかわいい」と言われたら「自分でアレンジしてみたんだけど、褒められてうれしいな!」なんて素直な反応をするだけでOK。

もし素直に受け取るだけじゃ落ち着かないなら、自分も相手を「褒め返し」してみるといいかも。

困ったときには相手を褒めてみましょう。

失言に気を付けて

自分ではそんなつもりがなくても、意外に「こんなことが!」という言動が失言になるもの。

言葉にしてプラスになること・反対にマイナスになってしまうことがあります。

今回紹介したポイントを、新しい出会いのなかで活かしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)