好きな男性から告白をされたいと思うことはありませんか?

でも、ただ待っているだけでは告白されにくいもの。

行動を起こすことで、男性が告白しやすい雰囲気を作れます。

そこで今回は、好きな人から「告白される」コツをご紹介します。

成就する!好きな人から「告白される」コツって?

軽い嫉妬を匂わす

嫉妬をされているとわかると、「俺のことが好きなんだな」と男性も感じるもの。

また、自分に対して軽く嫉妬を見せてくる女性のことは、かわいらしく映るものらしいです。

気になる男性が他の女性と仲良くしていたり、他の女性のことを褒めたりしたときに、「ちょっと嫉妬しちゃうかも」なんて冗談っぽく言ってみましょう。

男性も告白してみようという気持ちになるかもしれません。

不安を除いてあげる

男性がなかなか告白ができない大きな理由の1つは「フラれるかもしれない」という不安があるから。

フラれたら今の関係性も壊れてしまうし、プライドも大きく傷つくので、慎重にならざるを得ないのだそう。

なので、あなたから「フラれる心配」をなくしてあげるといいでしょう。

告白へのハードルを下げると男性も安心して告白できるようになるはず。

誘われたら喜ぶ

誘われたら喜ぶ

普段から、食事の誘いや遊びの誘いに気軽に応じてあげると、男性のなかにも自信が湧いてきやすいそう。

その自信がどんどん大きくなっていけば、「告白しても断られないだろう」という考えにつながっていくことでしょう。

どうしても予定があって行けない場合でも、「来週なら空いてるけどどう?」と代替案を出してあげると喜んでくれるはず。

自分との時間を大事にしてくれていることも伝わるので、好意をちゃんと示すことができますよ。

ライバルの存在を出す

少しだけ男性の「ライバル心」をあおるのもいいでしょう。

「合コンに誘われている」とか「たまに遊ぶ男友達がいる」などと、チラッと言ってみて。

「他の男に取られるかもしれない」という感情になったら、男性も告白へのスイッチが入りやすくなるものです。

ただ、やりすぎると逆効果になる行為でもあるので、少しだけあおる程度にしておきましょう。

告白しやすい状況を作って

男性から告白をされるためには、告白をしやすい状況を作ることも重要になってきます。

行動を起こして、告白されるのを待ちましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)