思いを寄せている彼のことが気になって、ついつい詮索をしたくなってしまうことってありますよね。

たしかに彼のことは知ることができるかもしれませんが、場合によっては嫌われてしまう可能性もあります。

詮索することで、彼から「回りくどい」「めんどくさい」に思われるのは避けたいものです。

そこで今回は、男性が嫌がる「詮索する女性の言動」を3つご紹介します。

無意識にしてるかも?男性が嫌がる女性の「詮索」とは

鋭い目つきで探る

面と向かって「携帯見せて」とか「休日はなにしてるの?」と聞くわけではないけど、彼をぞっとさせるのが「目で詮索」しているパターン。

初めて通された彼の部屋のキッチンや洗面所、ドライブデート中のダッシュボードの中身やシートの位置などを確認する鋭い目つきは、男性に気づかれている場合が多いです。

ほかの女の痕跡がないか探る目つきが、「必死すぎて怖い」との意見が多いです。

そんなに必死になるくらいなら直接聞いてくれた方がマシ!と思われているかもしれません。

彼の発言をよく覚えている

根掘り葉掘り質問をぶつけられるのもいい気分ではないけれど、過去の発言をしっかり覚えていて「あのときはこう言ってたよね」と事実を導こうとするのも怖いようです。

たとえば「水曜日はダメなんだ」と言われたときに、「水曜日は残業ないよね。あとフットサルもない日だよね」と、このように問い詰めるのが当てはまります。

日常会話をよく覚えていて、あとからなにかの証拠としてそれを持ってくると、「執念深くて怖い」と思われるでしょう。

たまには気づかないフリも大切ですね。

SNSを監視する

彼のSNSでの人間関係をまるごと知りたがる女性も、怖がられる傾向にあります。

彼の行動全てを把握したい気持ちもわかりますが、SNSの隅々まで調べるのは避けた方がよさそうです。

「LINEには返信しないのにTwitterでいいね押してるじゃん」などと直接言うのはもっと気をつけましょう。

ただ監視しているだけでも、それがバレてしまったときに引かれてしまう可能性があります。

信頼しあえる関係に

過度な詮索をすることで、彼が「束縛されている」と感じてしまう場合もあります。

また、疑いすぎてしまうと信頼問題にも関わりますね。

詮索よりも、直接言ったり相手を信じてなにも聞かなかったりすることを優先してみてください。

そうすれば、彼もあなたをもっと信用してくれるようになるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)