好きな男性には、ひっそりとでもアプローチをしたいもの。

しかし、そのアプローチが逆効果になる場合もあります。

気付かないうちに、男性から距離を置かれることは、避けたいですよね。

今回は「男性が逃げたくなってしまう、女性のNG行動」を紹介します。

彼もドン引き…?逆効果な「やりすぎアプローチ」4選

SNSをチェックする

「僕がやっているSNSを全部チェックしている女の子がいて、さすがにちょっと嫌でした。全投稿にいいねとかされて、引いちゃいましたね」(26歳男性/美容師)

好きな男性のSNSを見たくなる気持ちはわかります。

しかし、こと細かにすべてをチェックするのは、やり過ぎでしょう。

まるで見張られたり、監視をされたりしている気分になり、気分が悪くなる男性もいるはず。

毎回のようにコメントを残すのも、恐怖を与えかねないので、注意が必要です。

ここぞというときに、いいねやコメントでアピールするのがいいかもしれませんね。

相手のスケジュールを把握する

「同じ会社の後輩の子が、俺のことを細かく調べていると知って怖くなりました。

スケジュールとかもチェックしていたので、とにかく関わらないようにしましたね」(32歳男性/建築関係)

好きな男性のことはなんでも知りたくなるもの。

しかし、個人情報やスケジュールなどプライベートなことまで、調べるのはやりすぎでしょう。

バレなければ……と思うかもしれませんが、相手に知られればドン引き間違いなしです。

また、周囲の人に彼の情報を聞くのも注意が必要です。

自然と彼の耳に入る可能性がありますし、周囲の人の迷惑になる可能性があります。

激しいアプローチ

「会社の人全員が知っているくらいに好きアピールをしてくる女性がいて、本当に気まずかった。ああいうことは絶対にやめてほしい」(28歳男性/営業)

好きアピールをしないと、男性に好意を示すことはできません。

しかし、そのアプローチが激しすぎると、引かれる原因になるようです。

とくに周囲の人たちが分かるようなアプローチを苦手とする男性が多いみたい。

好意を示すときは、周囲の人にバレないようこっそりとすることが大事でしょう。

なににでも口を出してくる

「関係ないのに口を挟まれると、イラッとしますね。やることなすこと全てに絡んでこようとする女性は、さすがにめんどくさいです」(31歳男性/WEB制作)

気がつくと、無意識に好きな男性に関わろうとするのは、当然のこと。

とはいえちょっとでも絡みたいという思いから、なんにでも首を突っこんでしまうと、うっとうしく思われるでしょう。

くっつくときと離れるときのオンとオフの切り替えが大事です。

あまりにもずっと一緒にいると、男性から重たい女性だと思われることもありそう。

アプローチの仕方には要注意

恋をすると、周囲が見えなくなることもあります。

しかし、あまりにも一方的なアプローチは、彼の心を遠ざける原因になるかも。

アプローチをするときは、自分本位にならないよう、彼の気持ちを考慮することがポイントですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)