どれだけ仲がいい2人でも、いつも意見が同じということはほぼないでしょう。

とはいっても、ケンカになるのは避けたいと思うもの。

今回は、彼氏とケンカになる前に伝えたい一言をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

思いやりがポイント!彼氏とケンカになる前に伝えたい一言

「私の伝え方、わかりづらかった?」

「私の彼は、本当に人の話を聞くのが下手なんです。1回言っただけで伝わらないのは、もはや日常茶飯事で。付き合った当初は『何回言わせるの!』と私がイライラしてしまい、よくケンカしていました。

今はできるだけケンカにならないように、『私の伝え方、わかりづらかった?』という言葉に変換してます。すると彼も私からの言葉をスッと受け入れてくれるようになり、ケンカの回数がグンと減りました」(27歳女性/看護師)

思ったことが伝わらないと、「なんでわかんないの?」と言ってしまいがちに。

しかし上から目線な発言には、たとえそれが正論であっても受け入れられないという男性も。

ついカッとなってしまいそうなときこそ、冷静に接するよう意識しましょう。

「どこがダメだったか教えて」

「とくになにかした覚えがないのに彼がイライラし始めたときって、こちらが思ったことをそのまま言葉に出してしまうとほぼ100%ケンカになってしまうんですよ。

無駄なケンカはしたくないので、『あれ?』と思ったときは『私なにかしたかな?』とか『どこがダメだったか教えてほしい』なんて言い方をするようにしています。

この言い方なら、イライラしている彼もきちんとこちらに向き合ってくれます」(28歳女性/人材)

突然彼がイライラし始めたら、「私なにかしたかな?」という不安の気持ちがまず出てくるもの。

自覚がないのに彼がイライラしはじめると、不安になったり同じくイライラしたりすることもあるでしょう。

そんなときは、話し合いができるよう「私なにかした?」などと落ち着いて伝えられるといいかもしれません。

「○○くんの考えはわかった」

「彼とはよく激しい言い合いになっていたのですが、そのくり返しに私が疲れてしまって。

彼の言葉にすぐ噛みつくのではなく、いったん私が彼の意見を肯定するようになってから、大きなケンカに発展することもなくなったように思います」(29歳女性/商社)

ささいなケンカの原因は、話の内容ではなくその伝え方であることも。

言い合いもヒートアップすると、収拾がつかない事態になる可能性があります。

一度彼の意見を受け入れる姿勢を見せましょう。

それだけで相手の反応が変わるかもしれませんよ。

伝え方を意識してみて

「ケンカするほど仲がいい」とはいっても、できることならケンカはしたくない人がほとんどでしょう。

しかし、自分の意見を伝えあえるのはとってもいいことです。

伝え方を意識して変えれば、ケンカではなく有意義な話し合いができるかもしれませんよ。

カッとなりそうなときほど、強く意識してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)