彼と仲良くなったらやっぱりキスがしたい。

だけど、キスするなら自分からじゃなくて、やっぱり彼からしてもらいたい……という女性もいるでしょう。

では、どんなタイミングで、男性はキスをしたくなるのでしょうか?

今回は、男性にキスをおねだりする方法をご紹介!

さりげなく試せる方法ばかりなので、キスしてと直接言えない人は必見ですよ♡

【彼からキスしてほしい♡】男性がキスしたくなる瞬間3つ

彼に向かって微笑む

男性は女性の笑顔に弱いものです。

とくにそれが自分の彼女となれば、胸キュンするのは当たり前のこと。

彼からキスをしてもらいたいなと思ったら、彼が思わずキスしたくなるような、笑った顔を見せてみましょう。

そんな彼女の表情を見ると彼は、「彼女は自分のこと好きでいてくれているんだな」「デートを楽しんでくれているんだな」と嬉しく思うはずです。

そして、彼女が楽しんでくれていると安心することで、彼もキスをしたくなるかも。

デート中は笑った顔を見せることを意識して、彼のキスをゲットしましょう♡

2人きりだと意識させる

男性からしても、自分からキスをするのは恥ずかしいもの。

デート中、2人きりになったときには、彼に一歩近づいて「2人っきりだよ」と耳打ちしてみましょう。

2人っきりというのはとても特別な響きなので、言われただけで彼もドキっとしてしまうはず。

また、耳うちすることで急に距離も近づくので、ドキドキ感を高められます。

彼女から「2人っきりだよ」とささやかれたら、彼女からOKの合図が出されたのと同じこと。

きっと周りを気にしながらも、キスしてくれるはずですよ。

帰り際にキスをねだる

デートの帰り際は、彼との思い出が楽しければ楽しいほど悲しくなってしまうものです。

きっと彼も、別れを惜しんでくれているはず。

そんなときは「なにか忘れていることない?」と彼に聞いてみましょう。

こういうシチュエーションはドラマにもよくあることなので、察しのいい彼であれば、気付いてくれるはずです。

もし、気づいてくれなかったとしても、誤魔化しがきくので、チャレンジしやすいかも。

さりげないアプローチをしよう

直接的にキスをおねだりするのは、いくら付き合っている彼とはいえはずかしいもの。

大好きな彼とキスをしたいけど、直接言うのは恥ずかしいなという人は、ぜひ紹介したさりげない方法で彼にキスを意識させてみてくだささい。

きっと彼もきっかけを待っているはず。

きっかけさえあれば、2人は一歩近づけるはずですよ。

(如月柊/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)