男性は、私たちが想像している以上に繊細な生き物なのかもしれません。

好きな人ができても、素直に気持ちを伝えられないこともあるようです。

今回は、男性の干支別に、好きな女性への「本命サイン」をご紹介します。

まずは前編として、子(ねずみ)年から巳(へび)年の発表です。

【前編】男性の干支別♡好きな女性への「本命サイン」は…

子(ねずみ)年生まれ

【コツコツと地道なアプローチ】

人付き合いを器用にこなすタイプですが、自分のこととなると慎重で、大胆なことはせずコツコツと地道なアプローチをしかけます。

少しの時間でも一緒に過ごそうと荷物を持ってくれたり、並んで歩いたりすることも。

ほかの人にはしない、好きな人限定の本命サインです。

丑(うし)年生まれ

【いつも意見を優先】

好き嫌いが激しいので、好意をもっている人への態度はわかりやすいタイプ。

気の利いた会話はできませんが、その分本命サインは行動で表します。

食べたいものや行きたいところなどは、いつも好きな人の意見を優先するはず。

どんなワガママも、「かわいいおねだり」としか感じないのでしょう。

寅(とら)年生まれ

【周囲に紹介したがらない】

懐が大きいタイプで、友達との付き合いも多いでしょう。

そう見えますが、好きな人や恋人を周囲に紹介したがらないようです。

誰にも見せず、2人だけで愛を深めていきたいのでしょう。

「おこもりデート」のお誘いがきたら、それが本命のサインかもしれませんね。

卯(うさぎ)年生まれ

【面倒ごとを買って出る】

愛情深く柔和なので、「みんなに優しいんじゃないの?」と疑ってしまうかもしれません。

平和主義なため、面倒なことからは遠ざかっていたいタイプ。

しかし好きな人のためなら、に面倒ごとを買って出たり、もめごとの仲裁や援護射撃をしたりすることもあるのだとか。

それが本命サインのようです。

辰(たつ)年生まれ

【妙に突っかかってくる】

気位が高く、ツンデレ気味なタイプ。

自分の気持ちを正直に表現することは大の苦手です。

他人、とくに女性に対しては素っ気なく、興味がない様子。

そんな彼が妙に突っかかってきたり、小学生レベルのいじりをしてきたりしたら、かなり本気のサインだといえるでしょう。

巳(へび)年生まれ

【身体に愛の証を】

クールな仮面の下に、情熱的な一面を持っています。

2人の気持ちが同じだと確信したら、とてもストレートに深い愛情を表現するでしょう。

頻繁にメールをしたり会いに行ったり……。

心だけでなく身体にも愛の証を刻みつけようと求めてくるのが、本命のサインです。

本命サインを受け取って

男性の本命サインは、わかりにくいものが多いです。

意識して観察しなければ、彼らからの愛に気付けないことも。

お互いに思い合う気持ちがあれば、おのずと結ばれてゆくかもしれませんね。

(星谷礼香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

●午(うま)年~亥(いのしし)年の男性の「本命サイン」は…