彼氏ができても長続きせず、すぐに別れてしまう女性もいれば、長く付き合いを続ける女性もいます。

この2人の違いは、いったいなんでしょうか?

そこで今回は、彼氏と長続きさせる習慣をご紹介します。

ずっと一緒にいるために♡彼氏と長続きさせる習慣とは…

ケンカを長期化させない

どんな仲良しカップルでも、ケンカは起こるものです。

このとき、長続きする2人は問題をこじらせたり、無駄に長引かせたりしないもの。

ケンカをするたびに気まずい空気が漂う状態だと、精神的にもかなり疲れるので、一緒にいることにも嫌気がさしきます。

ケンカは勝ち負けを争うのではなく、2人の関係性をより良くするためのものだと捉えましょう。

相手を信じる

長続きさせるためには、お互いにしっかりと信頼することが大切です。

相手から信頼してもらうためには、まずは自分が相手を信頼しなければいけません。

証拠もなく浮気ばかり疑っていたら、男性の不満を募らせるだけです。

自分のことを信じてくれていると感じると、男性も彼女を裏切るようなことはしないでしょう。

相手を信じることが、浮気防止につながるものです。

不満をしっかり伝える

嫌われたくないという思いから、彼の良くない部分を指摘できないことはありませんか?

しかし、なんでも彼に合わせたり、相手の思い通りにさせるのは、いい結果を生みません。

自分の意見をしっかり持って相手に伝えないと、長く付き合っていくことは難しいかも。

とくに、不満に感じている部分はお互いに指摘し合って改善していくようにすることが大切ですよ。

平等な関係を意識する

思いや力関係でバランスが取れていないと、短命な恋で終わってしまう場合も。

どちらか一方の思いが強すぎたり、パワーバランスがおかしかったりすると、別れの原因になるでしょう。

常に平等で対等な関係を築けたら、お互いに居心地よく過ごせます。

フォローし合いながらも、依存しすぎない関係がベストですよ。

長続きさせるために

恋が長続きしないという悩みを抱えている場合は、実際に長続きしている女性から学ぶのも大切です。

真似できるところは取り入れてみると、彼との関係もきっと大きく変わることができるでしょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)