失恋の悲しみはとても深く、そう簡単に癒えるものではありません。

でも、幸せになるためには痛みを乗り越えたいですよね。

そこで今回は、新しい恋愛をする3つの方法をご紹介します。

【失恋の痛みを超えて】新しい恋愛をする3つの方法は…

焦らない

「周りが次々ゴールインしてるのに、私は彼氏にフラれてシングル。これじゃいけない!と、合コンや婚活パーティーに行きまくってました。でも、全然いい出会いがなかったので、しばらく婚活はお休みしてましたね。

でも先日、人数合わせでいいからと友人に頼まれていった合コンでは、2人の男性から連絡先を聞かれて……。今思えば、あのときは、必死さが顔や雰囲気で出てしまってたのかもしれませんね」(26歳女性/営業事務)

過去の恋愛を忘れるために、新しい恋愛で上書き保存!とばかりに、焦って物事を進めようとするのは厳禁。

焦ると得てして失敗することばかりかもしれません。

なにごともタイミングがあるので、時の流れに身を任せましょう。

悲しみと向き合う

「結婚も考えていた彼から突然別れを告げられて……。眠れなくて食べられなくて、死にたいくらい辛かったけど、平気なフリをしてました。すると友達が『私の前では泣いていいんだよ』って言ってくれて。

その子の胸を借りて思いっきり泣いちゃいました。正直まだ忘れられてはいませんが、辛い思いを彼女に打ち明けたことで、また恋をしてもいいかな、と思えるくらいには回復してます」(28歳女性/雑誌編集)

今にも涙がこぼれそうなのに無理して笑顔を作っていませんか?

強がって、傷ついていないフリをしてしまうと、悲しみの逃げ場がなくなってしまいます。

泣きたいときにはしっかり泣きましょう。

そうすることで、悲しい思い出に整理がつきやすくなります。

少しずつ、涙も乾いてくるはずですよ。

新しいことにチャレンジする

「彼氏にフラれて週末のスケジュールがいつも真っ白に。これじゃあいけないと、ずっと気になってたボルダリングに通うことにしました。

今ではボルダリング仲間もできて、彼らとボルダリング以外にもBBQや飲み会を楽しんでいます。そのなかに、ちょっとイイ感じの人もいるんです」(27歳女性/歯科衛生士)

外に目を向ける余裕ができたら、新しいことを始めてみましょう。

友達と飲みに行くのもよし、興味があることにチャレンジしてもよし。

世界が広がることで人間関係も広がります。そして、そのぶん出会いのチャンスも広がるのです。

時間が解決するので大丈夫

無理やりにでも彼氏を探そうとするのではなく、自分磨きをするのもいいでしょう。

どれだけ辛く悲しい恋も、思い出にできるのが人間の特権。

月並みですが、時間が解決してくれるので焦らなくて大丈夫ですよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)