男友達が好きだけど、なかなか進展できない……とお悩みの方はいませんか?

LINEを使えば、そんな彼を意識させられる可能性がありますよ。

今回は、男性に「ドキドキしたLINE」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

男性に聞いた♡思わずドキドキした女友達からのLINEは?

「精をつけないと!」

「仕事で休日出勤しているときに会社の同期と、『仕事大変だね』っていうLINEをしてたんですけど、お昼ごろになって『肉とか食べて精つけないと!』と送られてきて。

全然そういう意味じゃなかったんでしょうけど、そのときは彼女もいなくてご無沙汰だったので、ちょっとドキドキしちゃいました」(29歳男性/メーカー)

「精をつける」と言う言葉に、ドキッとする男性もいるようです。

頑張っている男性に向けてなら、いやらしさなく伝えられるはず。

ただ、勘違いさせる可能性もあるので、送る相手とシチュエーションには気を付けましょう。

「さらってほしい」

「結構仲のいい女友達から、落ちこんでいる雰囲気のLINEが来たんです。彼氏とケンカしたみたいで、振られたらどうしようっていう話をしてたので、なぐさめてました。

夜中にその子が『もうどこか遠くに行きたいよ。さらってほしいな』と送ってきて。もちろん実行しませんでしたけど、妙にドキドキして眠れなかったです」(26歳男性/商社)

男性に「さらってほしい」なんて言えば、本気になってしまう可能性も。

弱っているときには、そばで支えてくれる男性を頼りたくなることもあるはず。

これをきっかけに仲が進展するかもしれませんね。

「どんな下着が好き?」

「学生時代から10年以上付き合いがある友達から、『新しい下着買ったんだけどどうかな?』って画像と一緒に送られてきて。男女の関係ではないのでサラッと『一番上のはかわいいね』と返したんです。

そしたら『へぇ、こういうのが好みなんだ。ほかにはどんな下着が好きなの?』と返ってきて、誘われてるのかと思いましたね」(32歳男性/広告)

ある程度なんでも話せるような関係なら、思い切って下着の話をするのもいいかもしれません。

相手の好みを聞くことで、「もしかして俺のこと……?」と意識させられることも。

大人なやり取りで、彼の心をくすぐりましょう。

意識させるのがポイント!

普段は言いづらいことでも、伝えやすくなるのがLINEのいいところでしょう。

上手に活用し、彼との距離を縮めてみてくださいね。

女性として意識させられれば、そこからはあっという間かもれませんよ♡

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)