ガードが固そうに見える女性は、気軽に誘うことができないし距離の縮め方もわからなくなるもの。

無意識だとしてもそう見えていたら、男性は離れてしまうかもしれません。

なんだかもったいないですよね。

そこで今回は、男性が「近寄りにくい」と感じる女性の特徴をご紹介します。

仲良くなりたいのに…男性が「近寄りにくい」と感じる女性の特徴

丁寧すぎる

礼儀正しいというのは、大人としての欠かせない大事なマナーです。

でも、いつまで経っても丁寧すぎると、事務的に感じてしまい全く親しくなれそうな気がしないもの。

敬意を込めて行っていたとしても、男性は距離を置かれているように感じるはずです。

尊敬のなかにも少し砕けた部分も見せるようにすると、ふたりの関係性もグッと縮まっていくでしょう。

断ることに慣れている

食事や遊びに誘われた際にいつも上手にかわして断る女性は、ガードが固そうだなという印象を与えてしまいます。

男性が女性を誘い出す際に、もっとも気にするのは断られたらどうしようということ。

「あの子は基本的にいつも断る」という印象を持たれてしまうと、知らず知らずのうちに機会を失っている可能性もあります。

時には周囲に合わせたり、自分から誘ってみることも大切です。

完璧主義っぽい

正義感が強く、間違ったことや曲がったことが絶対に許せない女性は、少し堅苦しい印象になりがち。

完璧主義者のようにも見えるので、気軽に声をかけたり誘ったりはしにくいかもしれません。

正義感が強いのはとても立派ですが、大事なのは「お堅い人間」と思われてしまわないようにすることです。

楽しい会話もたくさんしたり、みんなでワイワイ盛り上がる姿もちゃんと見せたりしましょう。

高嶺の花感がある

「高嶺の花」だと感じる女性には気後れしてしまい、なかなか近づくことができないもの。

「俺には手が届かない」と男性が感じていたら、一向に距離は縮まらないでしょう。

見た目も美しくて、自立している完璧な女性には、男性が勝手にガードの固さやハードルの高さを作りあげてしまうのです。

まずは男性に頼ってみたり甘えてみたりして、少しだけ弱みを出することで男心を揺さぶってみましょう。

話しかけやすい雰囲気を作ってみて

あまりにもガードが固いと壁を感じて、「この子は無理だな」と思われてしまうかも。

それではいつまでも恋愛には発展しません。

気になる人には柔らかい一面を見せるなど、話しかけやすい雰囲気を作ることも大切です。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)