男性とのLINEのやりとりのなかで、「脈ありかも!」と思う瞬間ってありませんか?

しかし一見脈ありに思えても、男性側からしたらただの社交辞令にすぎないということもあるようです。

それではどうやって、脈なしLINEを見分ければいいのでしょうか。

そこで今回は、意外な「脈なしLINE」を男性に聞いてみました。

脈あり?それとも社交辞令?男性からの「脈なしLINE」3つ

デートの具体的な日程を挙げない

「女性からのお誘いLINEに『また今度ね』と返信するのは、社交辞令って人多いと思いますね。乗り気だったら『この日なら空いてるよ!』とか別の日を提案するだろうし……。

別に僕だけじゃなくて、周りの男友達もこのパターンでかわすって人よく聞きますね。」(27歳男性/会社員)

「また今度ね」のメッセージを「次の機会がある」と安易に受け止めるのは要注意。

男性が女性からのお誘いを、やんわりと断るときにこの言葉が使われるようです。

脈ありかどうか見極めるポイントは、「また今度」を実現させようとする男性側の言動。

「また今度ね」と言われただけで、具体的に話が進まないときは脈なしの可能性が高そうです。

LINEの返信が遅い

「この前デートした子とLINEがなかなか終わらなくて、ちょっとずつ返信を遅らせたりしたけど効果なし。『LINE苦手でさー。ごめんね』というメッセージの本音に気づいてほしいです。」(24歳男性/美容師)

脈なしの相手でもLINEをいきなり終わらせるのは失礼だと、気を遣う男性もいるようです。

そんなときに「LINEは苦手なんだよね」と謝ってくる男性のメッセージには、やりとりを終わらせたいという本音が隠れていることもあるんだとか。

もしこのようなLINEが来たら、少し距離をおいたほうがいいかもしれません。

タメ語を使わず、ずっと敬語

「仲良くなる気がない女性には、敬語とか丁寧語のLINEを貫きます。

最初敬語で、途中からタメ語に変えたときに、『仲良くなれた!』と相手に気を持たせるのも悪い気がして。言葉が堅いのは、心を許す気がないってことですね。」(24歳男性/塾講師)

LINEを始めてしばらく経つのに、彼のメッセージが「いつまでもよそよそしい」なんてことはありませんか?

それは、あなたに心を開いていないのかもしれません。

堅い言葉を使うことで壁を作り、相手を遠ざけようとしている可能性が高いです。

脈なしLINEを見極めて!

ご紹介した男性のメッセージが、すべて脈なしとは限りません。

しかし脈なしの女性に対してでも、配慮のあるメッセージを送る男性も多いようです。

ぜひ参考にして、彼の本音を見抜けるようにしておきましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)