男性には、女性を恋愛対象として意識するようになるきっかけがあるようです。

知っておけば、気になる彼へのアプローチに役立てられるかもしれません。

今回は、男性が恋愛対象として意識するきっかけをご紹介します。

好きかも…!男性が「恋愛対象」として意識するきっかけ

弱みを受け入れてくれる

男性も、落ち込んだり弱ったりしているときは、癒やしてほしいと感じることも。

ただ、女性の前では、かっこをつけたりいいところを見せようとしたりと、見栄を張ってしまいがちに。

だからこそ、弱い部分を見せても受け入れてくれる女性には、心を許すことができるのでしょう。

弱い一面を見ても引かずに支えてくれる女性には、「こんな女性ほかにはいない」と感じ、恋に落ちることがあるようです。

2人きりの時間が増える

女性と2人きりになったとき、相手のことを意識してしまうという男性もいるようです。

2人きりで過ごす時間が増えると、だんだん特別な存在だと思ってもらいやすいかもしれません。

会社や学校から一緒に帰ったり、相談を持ちかけて食事に誘ってみたり、2人きりになれる時間を多く作るのを意識してみましょう。

みんなの前では見せないような顔を見せると、男性の心を揺さぶれる可能性がありますよ。

好意に気付く

とくに気にしていなかった女性だとしても、相手からの好意を感じると意識してしまうという男性も。

積極的に話しかけてみたり、定期的にほめたり頼ったりするなど、少しずつアプローチしていきましょう。

彼のなかでの印象が大きく変わっていくはずですよ。

ガツガツアプローチしまくるよりも、好意を少しずつ見せるくらいの方が、男性のスイッチも入りやすいみたいですね。

女性らしさを感じる

女性らしさを感じる瞬間は、相手を「女」として意識する瞬間でもあるので、男性はドキッとしやすいのだとか。

じつは料理が得意だったり、ササッと後片付けができたり、ハンカチやティッシュ、裁縫道具などを持ち歩いていたり……。

何気ない行動のなかに女性らしさを感じると、「こんな子が彼女だったらな」なんて思うようです。

あからさまなアピールは鼻につくこともあるようなので、当たり前のように行動をすることが大切なのかもしれませんね。

意識してもらうために

気になる男性がいても、相手に女性として意識してもらわないことには進展させるのは難しいかもしれません。

少し勇気を出して、距離を縮めてみませんか。

できることから試してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)