生まれ年の干支を使う干支占いは、生まれた年の星や自然の巡り合わせから、その人の運命や運勢を導きだします。

金運も、干支が持つ運命の一つなのです。

今回は、そんな干支別に、あなたの「金運」を上げる方法をご紹介します。

まずは前編として、子(ねずみ)年から巳(へび)年までの発表です。

【前編】干支占い!あなたの金運を上げる方法は…

子(ねずみ)年生まれ

【不要なカードは処分する】

子(ねずみ)年生まれは節約が大好きで、得意なタイプ。

ポイントやクーポンをフル活用し、金運を押し上げるでしょう。

期限切れのポイントカードやクーポン券、要らないレシートは速やかに処分しましょう!

こうすることで、「金回り」がさらによくなります。

丑(うし)年生まれ

【硬貨とお札を別財布に】

丑(うし)年生まれは、生まれながらに金運を持っています。

その金運は小金運ではなく、どーんと大きい運。

小銭ではなくお札を大事にすると、金運が上がるみたい。

硬貨とお札を別財布にすることで、「お札パワー」が強くなり、金運がアップします。

寅(とら)年生まれ

【小銭はできるだけ持たない】

寅(とら)年生まれの金運は、アップダウンが激しく、しかも波乱万丈です。

大きな金運の波に乗ることが、金運アップのポイントでしょう。

それに備えるには、小銭をできるだけ持たないようにすること。

小銭しか身につかない人にならないよう、気をつけてくださいね。

卯(うさぎ)年生まれ

【レシートはその日のうちに整理】

卯(うさぎ)年生まれには、気分で散財しやすい運命にあります。

レシートは、支払いが終わった証拠であり、お金の流れが終わったことを意味します。

そんなレシートをお財布に入れっぱなしにしていると、散財の影響を受けてしまい、金運が下がるのでご注意を。

必ずその日のうちに抜き取りましょう。

辰(たつ)年生まれ

【金運お守りを持つ】

辰、つまり龍は辰(たつ)年生まれの守護神で、金運の神様です。

日ごろから自然の摂理に感謝をするよう心がけ、金運のお守りを財布に入れておくと金運アップにつながります。

龍神のお守り、または辰年の守護お守りがベスト。

できれば、初詣のときに新しいものに替えるといいですね。

巳(へび)年生まれ

【財布の中身を見せない】

巳(へび)年生まれは、金運のある生まれ。

しかし、お金についてくる邪念に影響されやすいのが困りもの。

財布に入れてあるお札や硬貨を人に見せないようにすると、財布の中に邪念が入りにくくなります。

きちんと気を付けられれば、純粋な金運が高まるでしょう。

お金は上手に使おう

金運をあげるには、お金の流れを止めないことがカギになります。

使いすぎても、貯め込みすぎても流れはやってきません。

上手にお金の流れをつかみつつ、干支ごとの金運アップ方法を実践してみてくださいね。

(星谷玲香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

●【後編】午(うま)年から亥(いのしし)年の金運を上げるには…?