好きな人と付き合うことができても、必ずうまくいくとは限りません。

ラブラブな2人が、突然別れてしまうこともあります。

今回は、男女の星座別に最後は結ばれる「運命のカップル」を10組占いました。

あなたも自分の星座をチェックしてみてください。

まずは5組ご紹介します!

【前編】男女の星座別♡なぜか惹かれ合う「運命のカップル」10組

ふたご座(5/21~6/21)の男性×いて座(11/22~12/21)の女性

【最後にお互いの大切さに気づく】

お互い魅力的で、モテるタイプ。

くっついたり、離れたりしながらも、いつも近くにいそう。

そして最終的には「やっぱりこの人しかいない」とその大切さに気付いて、結ばれることになるでしょう。

しし座(7/23~8/22)の男性×さそり座(10/24~11/21)の女性

【違いに惹かれ合う】

堂々として目立つタイプのしし座の男性と、控え目でミステリアスなさそり座の女性。

正反対の2人は最初、反発しあうことも多いでしょう。

しかし、時間が経つにつれて、お互いその違いに強烈に惹かれあっていくことになりそうです。

おひつじ座(3/21~4/19)の男性×かに座(6/22~7/2)の女性

【最後は離れられない仲へ】

俺様タイプが多いおひつじ座の男性と、母性本能豊かなかに座の女性。

性格は水と油のため、理解しあうのに時間がかかるかもしれません。

それでも動じずにかに座が尽くし続けるうち、彼も懐いてきて、離れられない仲になりそうです。

いて座(11/22~12/21)の男性×うお座(2/19~3/20)の女性

【離れても惹かれ合う】

お互い恋愛体質で、惚れっぽいタイプ。

どちらかの浮気が原因で一度は別れることになるかもしれません。

でも、再会したとき、2人は猛烈に惹かれ合うみたい。

それはまるで、運命が2人を別れさせまいとするかのようです。

やぎ座(12/22~1/18)の男性×おひつじ座(3/21~4/19)の女性

【公私どちらでもよき相棒に】

お互い仕事人間の2人。

出会った当初はライバル関係で、恋愛感情を抱くどころではなかったはず。

とはいえ、真摯に対抗しあうなかで、互いのいいところを発見!

気づいたときには、公私どちらの面でも最高の相棒へと変身を遂げていそう。

運命で結ばれた相手は?

運命が引きあわせる2人の絆は、誰にも切ることはできません。

たとえトラブルが起きて離れ離れになることがあっても、結びつきはなくならないでしょう。

どんな人にも、そんな運命の相手はいます。

ぜひ今回の占いを参考にして、運命の相手を探してみてくださいね!

(涼月くじら/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)