彼とケンカした後、すぐに仲直りできても不穏な空気が残ってしまうこともあるでしょう。

その気まずい雰囲気を解消したいと思ったら、自分から行動しちゃいましょう!

今回は、ケンカ後の不穏な空気を打破して彼に「やっぱり好きだ!」と思わせるワザをご紹介します。

ケンカでさらに円満に♡気まずい雰囲気を打破するコツ

ちょっとしたサプライズを仕掛ける

たとえば、いつもはあまり作らない手料理を振る舞ったり、彼の好きなお菓子をプレゼントしたり。

日頃の感謝を綴った手紙を渡すものいいでしょう。

相手の好意を感じ取れる行動は、不穏な空気を一気に明るくしてくれるはずです。

「どうすれば彼が笑顔になるか」「空気を変えることができるか」を考えてみましょう。

気分転換できることを提案する

たとえば、ドライブデートを提案したり、行きたかったレストランに予約を入れたり。

2人で一緒に気分転換できる方法を考えてみましょう。

微妙な空気もすぐになくなり、彼があなたに惚れ直してくれるかもしれません。

楽しい感情を共感すれば、お互いケンカの前より好きな気持ちも強くなっていると思いますよ。

スキンシップは自分から!

気まずいときって、スキンシップも取りづらいですよね。

それでも変に遠慮したり、彼の行動を待ったりしていたら、あの空気を打破できません。

ここは、普段よりも自分からスキンシップを取ってみましょう。

隣に座ってくっついたり、ハグするだけでも彼は嬉しいはず。

時間の流れに任せて徐々に空気を戻すのもいいですが、自分から積極的にスキンシップをとって空気を変えるのもいいですよ。

ケンカ後の行動が円満なお付き合いを決める

自然に仲直りするのもいいですが、不穏な雰囲気が残ってしまうのは避けたいですよね。

すぐに元の関係に戻るためにも、ケンカ後の気まずさは長引かせないようにしましょう。

ケンカ後の行動によって、長続きするかどうかが決まります。

彼が空気を和ませてくれるのを待つよりも、自分から動いて空気を変えてみて、「やっぱりいい子!」と思わせちゃいましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)