デート経験はあっても、なぜか恋愛がうまくいかない……なんてことはありませんか?

その原因のひとつが、経験豊富さゆえの言動です。

男性と過ごす時間への「慣れ」が、無意識の残念行動につながっているのでしょう。

そこで今回は、アラサー女性がやりがちな「デートのNG言動」をご紹介します。

アラサー女子がやりがち?デート中の「NG言動」とは…

恥じらいを見せない

恥じらいや照れを隠すために、わざと恋愛慣れしているように振る舞ってしまうアラサー女性は少なくないと思います。

それが男性には、「面白くない」「かわいげがない」と映ってしまうかもしれません。

ドキドキしたり恥ずかしいなと思ったりしたときは、取りつくろう必要はないです。

素直でいたほうが、男性はグッとくるでしょう。

リードする

デート慣れしてくると、自分でてきぱきと進めてしまう傾向があるようです。

たとえば、食事のオーダーの際どんどん注文する、映画のチケットを買う際にサクサク買い進めてしまう……など。

決して悪いことではありませんが、あまりにも女性側がデートを仕切ってしまうと、「立場がない」「強引なタイプかも」と思われてしまうことも……。

デートに慣れている人こそ、彼のペースに委ねて楽しむ気持ちを忘れないでくださいね。

若い人と比較する

アラサーになると、若い子を見て「若いよね~」「もうそんな歳じゃないからな~」など、つい年齢を比較するような発言が増えがちです。

こうした若い子と比較する言動は、逆に年齢を意識しているように見えてしまうでしょう。

「おばさんくさい」「若い子を妬んでいる」とネガティブに受け止められてしまう可能性もあります。

「デートのときは、周囲を気にせず2人の時間に集中する!」という意識を持ってみてくださいね。

店員さんへの態度が悪い

社会人経験が長くなるにつれて、言うべきことをズバッと言えるようになった……というアラサー女性は多いはず。

自分の意見を言えるのは大切なことですが、デート中に店員さんにあれこれ意見したり質問したり、ズバズバ言う姿を見せるのはNG。

「遠慮がない」といった印象を与えてしまう恐れがあります。

店員さんと接するときは、謙虚さを忘れないようにしてくださいね。

頼りがいがあるのはいいけれど…

経験を積んだアラサー女性は、頼りがいや行動力があります。

でも、それが裏目に出てしまうと、男性が一歩引いてしまう原因になりやすいです。

過去の経験をもとに恋愛をステップアップさせていきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)