女性 目を伏せる

デートの日は、いつもよりいっそうメイクに力を入れる人が多いのではないでしょうか。

しかしやりすぎると、彼を驚かせてしまうことも……。

今回は、やりすぎNGメイクをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

気合いが裏目に?やりすぎNGメイクを徹底解説!

ぷっくりすぎる涙袋

「ある女性と初めて会ったとき、第一印象が『目の下腫れてる?』でした。涙袋がやたらぷっくりしてて、なんか違和感がすごかった」(22歳男性/大学生)

涙袋がぷっくりしていると、小顔効果やデカ目効果があります。

しかし影を濃く描き、白ラメをがっつり乗せると、不自然な印象を与えることも。

涙袋はうっすら影とラメを入れるくらいが、ナチュラルに盛れますよ。

大粒ラメぎっしり

「彼女の顔がいつもよりキラキラでビックリしたことがあります。鼻の下までラメが飛んでいて、一瞬『汗かいているのかな?』と思ったくらい……」(24歳男性/通信)

華やかさを演出してくれるラメですが、大粒ものを乗せすぎると、粉飛びして顔中がキラキラになることも。

過剰にラメがつくと、毛穴が目立つ原因にもなります。

キラキララメたっぷりで攻めるよりも、パールを使ったアイシャドウで、上品な目元に仕上げるのがいいかもしれませんね。

超オーバーリップ

超オーバーリップ

「唇を強調したメイクって、お化けみたいであまりかわいくないなって思います。でも彼女は気に入っているみたいでやめてくれないんです」(30歳男性/公務員)

人中を短くしたくて、オーバーリップ気味に塗る人もいるはず。

自分では盛れていると思っていても、不自然にリップだけ強調されることも。

どうしてもリップは落ちやすいので、唇のフチにだけ色が残ったり、皮むけを起こしたりと、悪目立ちする原因にもなります。

落ちにくいティントやリップペンシルを使うなど、しっかり対策しましょう。

テカテカハイライト

「ツヤ肌が好きで、デートの日はいつもより多めにハイライトをつけたんです。でも日中なにげなく鏡を見たら、皮脂と混ざって汚くなっていて。

これなら塗らないほうがマシだと思ってしまいました」(25歳女性/商社)

ツヤ肌ブームもあり、ハイライトがトレンドですが、過剰に入れすぎるとテカって見えがちに。

メイク直後はキレイでも、時間が経つとヨレることも……。

さらに細かい部分だけ使うようにしたり、自分の肌に合うハイライトを選んだりして、テカリ見えを予防しましょう。

時間が経っても美しく!

気合いを入れたメイクほど、ヨレやすくなることも。

とくに今はマスクが当たり前なので、それに合わせたメイクをする必要があります。

時間が経ってもキレイをキープできるメイクを研究してみましょう!

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)