遊び相手から彼女に昇格というのは、あまりありませんよね。

そんなレアケースを実現するには、男性に「彼女として付き合いたい!」と思ってもらうことが大事でしょう。

一体どんなときに、男性は遊びの女性に惚れるのでしょうか。

そこで今回は、男性が遊び相手を本命視した瞬間をご紹介します。

諦めなくてOK!男性が遊び相手を本命視した瞬間って?

見捨てないでいてくれた

「稼ぎもあり、自分はモテると調子に乗っていた時期があります。彼女もいたけど遊び相手の子もいて自分のなかで一番の絶頂期でした。でもあるとき、転職に失敗してなんと無職に。

一気に生活が変わり、周りも離れていきました。でも、そんな最悪のときに唯一態度を変えず見捨てなかったのは、彼女ではなく遊び相手だった子。すごく支えられて、ちゃんと付き合って大切にしようと思いました」(28歳/会社員)

自信がなくなっているときに支えてくれた、大きな優しさや愛情に、気持ちが高まる方は多いもの。

職業で判断せずに自分自身を必要としてくれているという姿に、心を打たれたようです。

体調を崩したときに看病してくれた

「ある日、俺が風邪でダウンして遊び相手に頼ったら、予想以上の看病をしてくれたんです。

こんなに気遣い上手な子だったんだと感動しましたし、『なんか頼りになるなあ』と思って。彼女として意識するようになりました」(26歳/SE)

心身ともに弱っているときは、人の優しさが身に沁みるもの。

彼が弱っているときに素直に甘えられる存在だと印象付けておくと、彼女になるきっかけを掴めるかもしれません。

イメチェンをしていた

「好きでいてくれた子が正直タイプではなくて、遊びでいいかなって。正直さえない子だなって見下していた部分もありました。でも、しばらく会わないうちにその子が大変身。

痩せてキレイになった姿に惚れてしまい、逆に自分が彼女を追いかけるようになっていました。結局付き合えなかったんですけどね」(30歳/営業)

多くの男性はやっぱりかわいくて、キレイな女性と付き合いたいと思っている模様。

大胆なイメチェンで魅力を再確認させることも、効果的な方法と言えそうです。

周囲に優しかった

「流れで身体の関係を持っちゃって、それから曖昧な関係に。かわいくていい子だけど、軽い女という印象が拭えなくて、付き合おうとは思えませんでした。

でも、お年寄りに席を譲ったり礼儀正しい振る舞いができたり。じつは真面目という誠実なギャップにやられて彼女になってほしいと思うようになりました」(24歳/会社員)

すぐに身体の関係を持つ=軽い女性と思い込む男性は少なくありません。

しかし、その印象を覆す内面の魅力があれば、大きなギャップとなり、遊びの女性から本命候補として見方が変わるきっかけになるでしょう。

本命女性になるために♡

男性は遊びの女性に対して、どこか見下す気持ちを持っているのも事実のよう。

だからこそ、その印象を覆す魅力や出来事が、彼女にしたいという決め手になります。

本命女性になるために、今回ご紹介したことを意識してみてくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)