男性との関係を深めるのに、LINEは欠かせないものになりつつあります。

とくに出会ったばかりの相手とのLINEは、今後の関係を左右することも。

今回は、男性から好印象なLINE術をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

この子とは仲良くなれそう♡男性から好印象なLINE術って?

できるだけ短文にする

「最初のうちは、文章が短いLINEがいいですね。短いとすぐ読めるしサクッと返信できるから気楽です。あんまり長いと読むのも疲れるし、返すのも面倒くさいんですよね」(27歳男性/公務員)

たとえ興味のある話題についてでも、長文のLINEを見るとうんざりする男性が多いようです。

とくに知り合って間もないうちの長文LINEには恐怖を覚えることもあるのだとか。

最初こそ意識して、短くわかりやすいメッセージを送るのがよさそうですね。

返信ペースを合わせる

「つねにスマホを見ているわけではないので、自分と同じくらいのペースで返信してくれる子が好きです。即レスの子は急かしてくるような気がしてプレッシャーを感じます。

逆に何日も返信がないと『なにかあったのかな?』と思っちゃいますね」(26歳男性/SE)

LINEはいつでも好きな時に送れるものですが、ペースが合わない相手には警戒したり不快感を覚えたりするという男性も。

早く返信をしたい気持ちがあっても、相手に合わせることを優先しましょう。

距離感を合わせる

「仲良くなろうと思ってタメ口で送ったLINEに、ていねいな敬語で返事が来るとがっかりしますね。そういうときは同じような軽いノリで返してくれる方がうれしいです」(30歳男性/不動産)

礼儀正しく振る舞うのも大切ですが、仲を深めたいなら相手との距離感を合わせるのがポイントです。

とくにLINEでは、タメ口や敬語などの文章での表現が目に入ってくるもの。

あからさまな差があると、よそよそしい感じや図々しい感じがすることも。

年齢や立場、相手の出方をもとにしっかり判断し、少しずつ距離を縮めていきましょう。

絵文字やスタンプは使いすぎない

「僕はほとんど絵文字を使わないので、1行に2個以上絵文字がある子とはなんか合わない気がするんですよね。

今の彼女は用件のみ・絵文字なし・スタンプもほぼないけど、自分もそうだからめちゃくちゃ楽で。冷たいとかかわいくないなんて思いませんよ」(28歳男性/商社)

文章だけではそっけないと思い、絵文字やスタンプをたくさん使う方もいるのではないでしょうか。

気を利かせたつもりでも、「この子とは合わない」と思われることもあるようです。

相手と同じスタイルにしたり、絵文字は一文1つまでにしたりするなど、合わせる工夫ができるといいかもしれません。

自分本位にならないように!

文字でのやり取りが中心のLINEでは、相手の考えがわかりにくいことも。

そのため、返信ペースや表現が自分に近い相手には、親近感を覚える男性が多いのだとか。

まずは相手に合わせることを意識し、LINEするようにしてみましょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)