年齢を重ねるにつれ、年下の男性の魅力に気付く方も多いでしょう。

しかしなかには、年下なのを武器にしている地雷男性もいるのだとか。

今回は、年下彼氏のヤバエピソードをご紹介します。

かわいいだけじゃない?年下彼氏のヤバエピソード!

まるで赤ちゃん…

「5歳年下の彼と付き合ったとき、2人でいるときにものすごく甘えられていたんです。ひどいときには、ご飯食べさせたり服を脱がせてあげたりと赤ちゃん状態。

かわいい域を超え、面倒すぎて『私はあなたのお母さんじゃない!』ってケンカして別れました」(25歳女性/看護師)

彼女が年上だと、甘えすぎてしまう男性もいるのだとか。

かわいいからとなんでもしてあげていると、手に負えないほどのダメ男になる可能性も。

甘やかすのはほどほどにした方がいいのかもしれませんね。

お金を払ってあげてたら…

「付き合い始めたころ、学生だった年下彼氏は『学生だからお金がない』と言っていて、いつも私がお金を出すハメに。

最初はそれで了承していたけど、社会人になっても私がいつも払う流れのまま変わらず……。まんまと年下彼氏の金ヅルになってると気付き、即別れました」(28歳女性/広告)

年下の彼氏、とくに相手が学生だとデート代を払ってあげることもあるかもしれません。

しかしそれが当たり前になり、感謝しない男性もいるのだとか。

お金の問題は、2人でしっかり話し合っておくのがいいかもしれませんね。

年上なんだからって…

「なんでも『年上なんだから』と言って私にリードさせようとするんです。

この前もデートでお化け屋敷に一緒に入ったときに、年上だからという理由で先導させられて、本当に怖かったです」(23歳女性/アパレル)

年上である手前、彼の前ではきちんとしなきゃと思うこともあるでしょう。

しかし男性のなかには、そんな年上彼女に頼りきりになる人いるようです。

ときには「頼りにしてるよ」や「これしてほしいな」などと彼を頼ってみるのもいいかもしれませんね。

特別扱いする必要はないのかも

年上の女性に憧れを抱く男性は多いようです。

しかし一方で、そんな彼女の優しさにつけ込むようなこともあるのだとか。

年下を甘やかしたくなるかもしれませんが、まずは一人の男性として接するのがいいかもしれません。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)