「別れると思った~」と言われてしまうカップルも中にはいるようです。

何かの違和感が他人にもわかるのかもしれませんね。

そこで今回は、周囲からも短命だと思われるカップルの特徴をご紹介します。

別れると思ったよ…周囲からも短命だと思われるカップルの特徴

釣り合っていない

どちらかだけがモテると、片方の嫉妬心の方が大きくなってしまう可能性が高いようです。

それにより、「自分はこの人と釣り合っていない」というマイナスな気持ちが生じてしまうことも。

お互いの人脈やモテ度がフェアでない場合、何かしらの埋められるものが必要なのでしょう。

それがないときに、気持ちの面でギャップを感じるようになると考えられます。

お互いの家の距離が適切ではない

お互いの家が近すぎたり、遠すぎるのも別れやすくなる原因の1つのようです。

近いと毎日会うようになりやすいようですし、遠すぎると会いにくくてストレスが溜まるのかもしれないですね。

毎日会うようになると、会うことがルーチン化して、お互いのイヤなところに目が行く可能性が高くなります。

そして遠いとなかなか会えず、関係がフェードアウトしていくことも多いようです。

お互い穴埋めしようとしている

失恋直後は、心にぽっかり空いた穴を埋めたくなる気持ちも沸いてくることでしょう。

しかし、大失恋を恋で埋めようとして「恋だと思った。でも恋じゃなかった……」なんてこともよく耳にします。

大々的に失恋の話をしていたり落ち込んでいたあとに「出会いがあった!」と報告があると周りはホッとしますが、心配にもなるようです。

心の穴を埋めるために付き合うのはやめたほうがいいでしょう。

周囲から祝福されるカップルになれるように

「恋すればすべて結婚」というわけにもいかないので、別れてしまうことは仕方のないことです。

しかし、別れの際も、うわさになったり同情されず「やっぱりね~」なんて話題になるのは避けた方が良いでしょう。

発信し過ぎに気を付けてみても良いかもしれませんね。

周囲から祝福されるカップルを目指しましょう。

(たえなかすず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)