体調を崩しているときは、いつもより気持ちが不安定になりやすいもの。

かける言葉によっては、好印象を抱いてもらえるかもしれません。

今回は、体調を崩した男性に喜ばれるLINEをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

気遣いが沁みる…!体調を崩した男性に喜ばれるLINE

「無理せずゆっくり休んでね」

「会社の繁忙期にうっかり体調を崩してしまい、ギリギリまで悩んだけど、こじらせてもよくないと判断し会社に休みの連絡を入れました。

その後同僚の女性からLINEで『今日は仕事はみんなに任せて、無理せずゆっくり休みなよ!』と気遣ってくれました。ほっとしたし、好感度はかなり上がりましたよね」(28歳男性/広告)

社会人にもなると、自分の体調不良で周囲に迷惑をかけることも。

ただでさえ不安な気持ちが、さらに不安になってしまう人もいます。

そんなときに温かいLINEが届くと、ほっとできるようです。

相手の気持ちを察したうえで、気遣いの言葉をかけてあげられるといいですね。

「早く元気になってね」

「体調が悪く、しばらく大学に行けなかったとき、夜寝る頃に女友達からLINEが来ました。『最近見かけないけど大丈夫?○○くんいなくてちょっと寂しいかも~。早く元気になってね!』って。

気遣っているのか上から目線なのかよくわかんないけど、なんかかわいいし、うれしくてすぐ元気になりました」(21歳男性/学生)

体調が悪いときには、自分を気遣ってくれるとうれしく感じるものです。

「早く元気になってね」と声をかけると、心配しているのが伝わりやすいかもしれません。

前向きな気持ちにさせるためにも、ぜひ使ってみてくださいね。

「なにか持っていこうか?」

「寝込んでいたとき、仲いい女友達から『なにか持っていこうか?』とメッセージが来ました。飲み物やレトルトを買い込んできてくれて……ガツンとやられましたね」(26歳男性/メーカー)

彼の家を知っているくらいの仲の場合はお見舞いがてら食べ物などを買っていくのもいいかもしれません。

とくに一人暮らしだと、思うように身動きが取れないことも。

感染の恐れがある場合は、家の前に置いていくなどの配慮ができるといいですね。

LINEで思いを届けよう

体調が悪いときには、ささいな一言に救われるものです。

相手を気遣う気持ちを上手に伝えられるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)