好きな人ができると、彼はどんな恋愛をするタイプなのか気になりませんか?

知っておけば、より効果的なアプローチができるかもしれません。

今回は、男性の星座別に、彼らの「恋愛スタイル」をご紹介します。

前編に引き続き、てんびん座からうお座までの発表です。

【後編】男性の星座でわかる♡彼の「恋愛スタイル」といえば?

てんびん座(9/23~10/23)

【レディーファーストでアプローチ】

てんびん座の男性は平和主義で、上品なタイプ。

好きな女性を口説くときも、ガツガツとした口説き方はしないでしょう。

ただし、それは付き合う前までになりがち。

それまでは「素敵な紳士」でも、付き合うとズボラな面を出してくる可能性があります。

彼への理想が大きいほど、ギャップに苦しむかもしれません。

さそり座(10/24~11/22)

【喜ばせて近付く】

さそり座の男性には、相手の本質を見抜く力とずば抜けた記憶力が備わっているようです。

好きな女性が話していたこと、とくに「好き」なことはしっかり記憶をして、要所要所で喜ばせて心をつかんでいきます。

付き合ったあとは2人の時間を大事にし、恥ずかしがりながらも愛情表現をしてくれるでしょう。

いて座(11/23~12/21)

【楽しいところに相手を連れていく】

いて座の男性は自由奔放で、楽しいことを好む傾向があります。

気になった女性に対しても自分から近付き、引っ張っていこうとするでしょう。

しかし彼には熱しやすく冷めやすい一面も。

彼女のノリが悪いと思ったら1人で出かけたり、早々にサヨナラを告げたりすることもあるので要注意です。

やぎ座(12/22~1/20)

【好きな相手には時間やお金を使う】

やぎ座の男性は合理的で、無駄を避けたがるタイプ。

本気で好きじゃないかぎり、自分の時間やお金は使わないでしょう。

マメに連絡が来たり、食事でおごってくれたりするのなら、やぎ座の男性にとっての本気サインです。

付き合ってからは俺様になり、自分のやりたいことにばかり集中することもあるかもしれません。

みずがめ座(1/21~2/18)

【2人きりになりたがる】

みずがめ座の男性は個人主義で、必要以上に人と親しくなろうとすることはなかなかないでしょう。

そんな彼も、恋に本気になれば、2人きりになろうとしたり、趣味を共有したりするでしょう。

好きな人や心を開いた人だけには、自分のハマっていることを熱弁することも。

友達のようなさっぱりした付き合いになるでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【恋愛最優先な生活】

うお座の男性は、好きな女性にはとことん尽くす傾向があります。

恋愛の優先順位が上がり、デートも相手のしたいことが優先になるでしょう。

付き合ってからもスキンシップが多かったり、早い段階で同棲したがったりすることも。

物理的に近い距離にいたいと思うようです。

まずはできることから!

気になる彼の恋愛スタイルを踏まえ、それに合わせてアプローチしてみるといいでしょう。

ご紹介した内容以外でも、彼の何気ない言動にまで注目しているとどういうタイプなのかがわかることも。

少しずつでも、距離を縮めていけるといいですね。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)