LINEのやりとりでは優しいのに、会ったときの態度がそっけない男性っていませんか?

自分の好きな男性がそのようなタイプだったら、彼の本心がわからなくて悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、LINEでは優しいのに、直接顔を合わせるとそっけない男性の心理をご紹介します。

ほんとはどう思ってる?LINEと直接話すときとで態度が違う男性の心理

異性に人見知りしてしまう

異性と直接話すことが苦手な男性が、文面だけでのやりとりを好むというケースがあります。

LINEでは優しい言葉をかけたり、ドキッとさせるようなことを言ったりできるけれど、実際に会うと緊張してしまうという男性も少なくないでしょう。

このタイプの男性は自分から女性に話しかけることが苦手ですが、慣れると心を開いて普通に話せるようになる可能性が高いです。

その人がシャイなのか判断できなければ、周りの人に聞いてみるのもいいでしょう。

もし相手がこのタイプなら、直接会ったときは積極的にあいさつしたり、話しかけたりしてみましょう!

LINEで話した内容の続きを話題にすると、会話のきっかけを掴みやすいです。

寂しさから連絡してしまう

LINEだけ優しい男性は、遊び人という可能性も場合によってはあります。

寂しがり屋な人は、いつでも誰かとつながっていたいと思うようです。

なかには、常に複数の女性と連絡をとっている男性もいます。

あくまで「誰か」とLINEできればいいので、そこに恋愛感情がない可能性があります。

明らかに女性慣れした言葉遣いをする人や、返信速度が極端に早くなったり遅くなったりする人は要注意です。

深夜の電話には付き合ってくれても、デートの約束は基本的にしてくれないでしょう。

話し相手として割り切れるならいいのですが、本気で好きになってしまうと辛い思いをするかも。

周りの目を気にしてしまう

複数の人の目がある状況で、素を出したくないと思ってしまう男性もいるようです。

このタイプの男性は、複数人でいるとそっけない態度をとってきますが、2人きりのときは積極的に話を盛り上げてくれるのが特徴。

LINEという2人きりの状況だからこそ、たくさん話してくれるのでしょう。

周りに人がいる場では無理に話そうとせず、2人だけのときを意識しましょう。

彼の特性を見極めて

対面だとうまく話せない人や、単純につながりを求める人など、LINE上の積極性にも様々な理由があります。

相手がどのようなタイプなのか見極めてから、アプローチしてみましょう!

(オルカ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)