仲がいいカップルでも、価値観の違いを受け入れられず、別れを迎えることもあるようです。

完全にわかり合うことはできなくても、寄り添っていけたら長続きさせられるはず。

今回は、恋人との価値観の違いを乗り越える方法をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

わかり合えなくて当然!恋人との価値観の違いを乗り越える方法

違いを受け入れ認める

「彼と同棲を始めたときでした。ベッドを買いたいというので、彼に任せていたんです。そしたらなんと50万円くらいする高級なものを候補に挙げてました。

最初は止めたんですけど『1日の3分の1くらいここで過ごすんだから』と言われ、なんとなく納得できたので購入。一緒に住むって、こうやって相手の価値観を受け入れていくものなんでしょうね」(27歳女性/教育)

価値観が違うと、「ありえない!」と言ってしまいたくなることもあるでしょう。

しかしそれは、相手にとっても同じことが言えるはず。

否定するのではなく、相手の話を聞き、認め合う……簡単なようですが、意識しないとできない人が多いもの。

違いを受け入れられるよう、日々意識できるといいですね。

共通点を見つける

「彼がハーフなんです。明るくて、爽やかなところに惹かれて付き合いました。ただ、海外生活が長かったこともあり、考え方はほとんど海外スタイルで。

休みの日は家に友達を呼んで騒いで、すぐ寝る。私には合わないかも……と思うようになっていたときもあったんです。

でも彼、幅広く人と付き合うわりに、一人一人を大事にしてるんです。相談に乗ってあげてる姿を見ると、共通するものを感じて、一緒にいて心配ないなって思いましたね」(26歳女性/金融)

違う部分にばかり目を向けていては、キリがありません。

そのなかでも共通する部分や、わかり合えそうなところに目を向けてみるといいでしょう。

今以上に身近に感じ合える可能性がありますよ。

お互いの価値観を話し合う

「彼と付き合った決め手は、見た目がタイプだったことです。正直、内面なんて考えずに付き合い始めました。だから付き合ってすぐに、性格も生活スタイルもまったく違っていることを実感して……。

もうダメかなと思ったとき、彼がちゃんと『話し合おう』って言ってくれたんです。それからちゃんと話し合うようになり、考え方や価値観を共有するようになって、関係は修復されたと思います」(29歳女性/メーカー)

長い時間をかけて培われてきた価値観ですが、今後一切変わらないわけではありません。

関わる人や起こった出来事によって、少しずつ変化することも。

わかり合えないと思えることも、相手の話を聞けば、すんなり納得できるようになるかもしれません。

まずは共有することを意識しましょう。

わかり合おうとする姿勢が大切に

どれだけ好きな相手でも、わかり合えないことはあるでしょう。

そこをどう乗り越えるかが、今後の関係を左右するのかもしれません。

頭ごなしに否定したり押し付けたりせず、すり合わせる姿勢でいられるといいですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)