仕事上の悩みや愚痴は「誰かに聞いてほしい!」と思うこともあるでしょう。

これは、女性だけでなく男性も同じ。愚痴の聞き方ひとつで、気になる心をぐっと掴めるかもしれません。

そこで今回は、男性の愚痴を聞くときのコツをご紹介しまし。

ぜひ、ためしてみてくださいね。

【職場での恋愛テク】男性の愚痴を聞くときのコツ

仕事の合間に聞く

愚痴を聞くには、タイミングも重要です。

もし、満足に聞いてあげることができなければ、相手はかえって消化不良になることもあるでしょう。

そこで、おすすめのシチュエーションのひとつが、仕事の合間に聞いてあげることです。

たとえば、上司にキツめに注意されていたり、面倒な仕事を押し付けられたりしてイヤな顔をしているときなどに、「お疲れさま、大丈夫?」と耳打ちしてみましょう。

「ちょうど良いガス抜きになって仕事の集中力もアップ!」なんてこともあり得ます。

ちょうどいいタイミングで聞いてくれたと思われて、好印象になる可能性が高いです。

話を聞きだす

「愚痴ならいつでも聞くよ!」と言われていても、なかなか遠慮して言えないことってありませんか?

我慢してがんばり屋さんな彼ならば、LINEなどで「今日はどうだった?」といった感じでさりげなく聞いてあげると良いでしょう。

しかし、「愚痴を話して!」というスタイルで話しかけると、アドバイスになってしまいがち。

あなた自身からの発言は控えめにすると良いかもしれません。

もし何か言いたいのであれば、「私もそういうときあったよ」と、自分の経験談を語るだけにとどめておくといいでしょう。

差し入れする

気になる彼が残業していたら、それもまた愚痴を聞くチャンス!

近くのコンビニで買った差し入れなどを用意して、「ちょっと休も?」と言って、愚痴を聞いてあげてみても良いでしょう。

たとえ、彼自身のミスで残業することになっていたとしても、アドバイスするのは避けたほうが良いかもしれません。

「わかる! 私も〇〇したことあったもん」と、自分の失敗談を話して共感するほうが、和んでいい雰囲気になるでしょう。

お酒を飲みに行く

お酒の力で心が緩くなる方もいることでしょう。

つまり、一緒に飲みに行く機会があれば、愚痴や本音を聞いてあげるチャンスかもしれません。

彼の好物を多めに取り分けたり、空いたグラスがあれば「おかわりどうですか?」と聞いてみたり……。

ちょっとした気遣いに、心もあたたかくなって、きっと普段思っていることも話してくれるでしょう。

優しくなんでも受け止めてあげるスタイルで、共感フレーズを織り交ぜてみるとより彼の心がキュンとなる可能性が高まります。

今度は彼の方からお誘いしてくる……なんてことも考えられますね。

共感しながら聞いてあげて

愚痴を行くときは、共感しながら「同じような気持ちを共有できた!」という喜びも伝えてみると良いでしょう。

そうすることで、彼の心をぐっと掴めるかもしれません。

職場で素敵な恋愛をするために頑張ってくださいね。

(橘遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)