付き合いたてはLINEを送ると即既読になり、レスポンスも速かったのに、最近どうも返信が遅いしそっけない……なんてことはありませんか?

気持ちは変わりゆくものなので、好きの思いが高まれば冷めることもあるでしょう。

今回は、男性が冷めているときのLINEをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

別れようかな…男性が冷めているときのLINEって?

既読無視

「『こんな服買ったよ』とか『明日の予定は?』とか彼女からのLINEがどんどんたまってきて。付き合い始めはお互いを知りたいから楽しいけど、ずっと続くと疲れてくるんですよね。

返信が面倒なんで既読無視することもありますね」(25歳男性/美容師)

男性が彼女に対して冷めかけてくると、LINEでのやりとりは面倒でしかないようです。

LINEが既読になっても、なかなか返信がないときは危険なサインかもしれません。

既読スルーされることがあれば、LINEの送信をやめてみたり、ペースダウンしてみたりするのも一つの手段でしょう

なにも連絡がないと逆に気になって、彼の方から連絡があるかもしれませんよ。

超短分

「彼女からの長文のLINEが届いたら、正直気が重たいですね。直接話せばよくない?って内容まで送られてくると、適当に返信してしまいます。

気がついたら『うん』しか返信してなくて、彼女に怒られましたけどね。こっちの忙しさも理解してほしいと思っちゃいました」(30歳男性/税理士)

どんなにこちらが会話を広げようとしても、短文でしか返信が来なくなったら、危険かもしれません。

付き合った当初は、彼が無理をしてLINEの返信を頑張っていた可能性もあります。

男性のなかには、LINEのやりとりが得意ではない人も多いようです。

LINEにこだわりすぎず、電話で話すなどの機会を設けてみるのもいいかもしれませんね。

スタンプのみ

スタンプのみ

「彼女から質問系のLINEばかり届いたときは、さすがに返信の内容を考えるのが面倒に感じてしまいました。

時間も取られたくないので、内容もろくに読まずにスタンプだけで返信するときもあります」(29歳男性/医療)

LINEのスタンプを便利だと感じている人が多いのではないでしょうか。

しかし、彼から毎回スタンプのみで返信が来るなら要注意!

同じスタンプでの返信しかなく、やりとりが途絶えるときは、冷めている可能性があります。

一度LINEのやり取りは控えるのもいいかもしれませんね。

LINEに頼りすぎないで!

あまりにしつこく返信を求めすぎると、負担に感じる男性も多いようです。

LINEのやりとりばかりに捉われず、直接会って会話する時間を大切にできるといいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)