気になる男性に対して、積極的にアプローチできる人ばかりではないでしょう。

会話のなかで、自然にアプローチしてみませんか?

今回は、男心をくすぐるキュンワードをご紹介します。

会話のなかでさりげなく!男心をくすぐるキュンワード♡

1:「○○くんだから」

特別扱いは誰だってうれしいものでしょう。

とくに異性からの特別扱いは、相手を恋愛対象として意識するきっかけになることも。

なにかプレゼントをするとき「○○くんだから奮発したよ!」と言ったり、「○○くんにはなんでも話せる」と秘密を打ち明けたり。

特別感を与えることで、キュンとさせましょう!

2:「○○くんのこともっと知りたい」

多くの男性は、察することが苦手だといわれています。

遠回しな言葉よりも、直球な言葉のほうが伝わりやすいのとか。

「○○くんのこともっと知りたい」とストレートに言えば、男性をドキドキさせられるはず。

なかにはあれこれ聞かれるのがいやな男性もいるので、質問攻めをしすぎないようにしましょう。

3:「好きかも」

仲が良すぎてなかなか進展しないときに使いたい言葉ですね。

友達感覚が強い関係性の場合、男女として意識するにはドキっとさせるきっかけが必要です。

なかなか進展しなさそうなときは勇気を出して、「好きかもしれない」と伝えるのもいいかもしれません。

「好き」と断言するよりも「好きかも」とあいまいさを見せることで、「どっちなの?」とさらにドキドキさせられることも。

彼の反応がよくなければ、「冗談だよ、びっくりした?」と逃げ道を作ることもできますよ。

4:「これ理想だったの!」

女性を満足させることに喜びを感じる男性は多いもの。

デートで素敵なレストランに連れて行ってもらったとき、「こんなデート理想だったの!」とうれしそうに伝えれば、男性もきっと喜んでくれるはず。

「ありがとう」と感謝を伝えることももちろん大切ですが、プラスアルファの言葉で満足感や感激をアピールし、彼の心をくすぐりましょう。

この一言で心をつかむ!

男性をドキッとさせる言葉は、好意を示すものだけではないようです。

相手に自信を持たせる言葉も、同じくらいの力を発揮することも。

会話のなかで自然に使いこなし、彼との距離を縮めていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)