彼氏にずっと愛され続けるためには、なにか特別なことをしなければならないわけではないようです。

それよりも、相手を不快にさせないことの方が大切なのだとか。

今回は、彼氏に愛され続ける女性が「絶対にしないこと」をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

彼女最高すぎ♡彼氏に愛され続ける女性が「絶対にしないこと」って?

相手の予定の把握

彼のことが大好きすぎると、1日の予定をすべて把握したくなる人もいるでしょう。

愛ゆえの行動かもしれませんが、「なにしてるの?」や「どこいるの?」と聞かれ続けると、信頼されていない気がするという男性も。

細かく聞いたところで素直に浮気していると打ち明ける男性もいないでしょうし、聞くだけ意味のないことでしょう。

ほどよく放置し、お互いの自由な時間を尊重し合える方が、かえって愛おしく思えるものなのかもしれませんね。

無理して会おうとする

仕事のあとや空いた時間のほんの少しでも、「会えるなら会いたい!」と、無理に会おうとすると彼にうんざりされる可能性があります。

どれだけ大好きだとしても、疲れているときは1人で休みたいと考える人も。

疲れているときのデートは、かえって愛を冷ますこともあるようです。

会いたい気持ちがあっても、お互いに忙しいときはがまんをするのも大切なのでしょう。

自分の好みを押し付ける

「もうちょっとオシャレな格好してよ」「会う時間作ってよ」などと彼をコントロールしようとすればするほど、彼の居心地を悪くするかもしれません。

なかには彼女に合わせるのを苦とはしない男性もいるようですが、積み重なればうんざりすることも。

彼を自分好みに変えようとする女性もいるかもしれませんが、彼には彼の意思があり、彼をコントロールしようとするのは間違いでしょう。

無理に変えようとするのではなく、お互いに歩み寄る姿勢でいることが大切なのではないでしょうか。

彼の周りを悪く言う

彼のことはほめるのに、彼の友達や同僚、家族に対しては「その友達変わってるね」や「○○くんのお母さんってそんな趣味あるんだ?私はちょっと無理」など否定するような発言をしていては、彼をうんざりさせるでしょう。

いくら彼女にでも、自分の大切な人を悪く言わないでほしいと思っている人がほとんど。

自分の素直な意見だとしても、否定するのはNG。

無理に肯定する必要もないですが、否定したところで2人の関係がよくなることはありませんよ。

今あなたにできることは?

好かれるためになにかをするよりも、嫌われないようにしないことを考えたほうがいいかもしれません。

彼にとって心地のいい存在になれれば、自然と長続きさせられるはず。

相手を思いやる気持ちを忘れずにいましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)