本当は甘えたいと思っているのに素直になれない方はいませんか?

がまんのしすぎは、かえって2人の距離を開くことになる可能性も。

今回は、強がりな女性にオススメな甘え方をご紹介します。

これならできそう♡強がりな女性にオススメな甘え方

お願いするスタンスで

「『お願いだから』と一言前置きしてから彼に話をすると、彼も前のめりになってうれしそうに聞いてくれます。ごくごくたまになら、こちらとしても抵抗は少ないですね」(24歳女性/人材)

「甘える」となれば抵抗がある人も、「お願い」ととらえるといいかもしれません。

男性としても、普段は甘えてこない彼女に頼られるのはうれしいことなのだとか。

きちんと前置きをすれば、伝えやすくなるはずですよ。

言葉でなくスキンシップで

「普段は『お疲れさまー!』なんてかわいくいう感じのキャラではなく、むしろ仕事はして当たり前!ってキャラなので、労わりの姿勢はマッサージで示しているつもりです。

自然とできるし、彼も喜んでくれるので、ちゃんと伝えっているかなと思います」(32歳女性/公務員)

人前で甘えるのは無理!という方も、2人きりならやりやすいのではないでしょうか。

そっと寄りかかってみたり、彼の手や服の裾をつかんだり、マッサージしたりするのも有効ですね。

言葉にするのは恥ずかしいときは、スキンシップを活用するのもいいかもしれませんね。

「ちょっと」でさりげなく

「腕まくらしてほしいときとかに、いつも強気な彼女が『ちょっとだけでいいからして欲しい』って言ってきます。

あれめちゃくちゃかわいいと思います。素直じゃないけど甘えたい気持ちが伝わりますね」(26歳男性/IT)

思いっきり甘えられないときには、「ちょっとだけ」と言って甘えるのもいいでしょう。

「ちょっと」と言いながら照れてる姿を見て、キュンとするという男性も。

照れながらも甘えようとする彼女を、手放したくないと思う人が多いようですよ。

一歩踏み出せばあとは簡単?

強がるクセがつくと、素直に甘えるのは難しいでしょう。

とはいえ、いつまでも強がっていてはますます甘えられないもの。

少しずつ甘え方を身につけ、彼との距離を縮められるといいですね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)