仲が悪くなるのを心配して、なかなか彼氏に本音を言えない人もいるのではないでしょうか。

しかし思っていることを言えないままだと、いつまでも他人行儀な関係になりがちです。

そこで今回は、彼氏に伝えるべき本音をご紹介します。

長続きの秘訣!彼氏に伝えるべき「本音」とは?

されて嫌なことについて

文句を言うことに抵抗を感じている人も多いはず。

しかし、嫌なことを嫌と言わなければ、彼の言いなりになってしまいます。

嫌なことをしっかりと伝えることで、本音を言い合える仲だという意識がお互いに芽生えることもあります。

ただし、嫌味っぽい言い方や感情的な言い方をしてしまうと、気持ちが離れる原因になりかねません。

なにが嫌なのか具体的に伝えることで、彼もあなたのことを理解してくれるはずです。

これを繰り返すうち、なにも言わなくても相手が嫌がることがわかるようになり、楽な関係が築けるでしょう。

苦手なものについて

好きなものを共有することも親近感がわきますが、じつは苦手なものを共有するほうが親密さはアップするという一説もあります。

好きな人の前だとつい苦手なものを隠してしまうこともありますが、たまに話題にするのもいいかもしれません。

もし、彼が同じものを苦手であれば親密さを深めるきっかけとなります。

苦手なものを我慢するお付き合いを回避できますし、お互いを理解することにもつながります。

ただし、そのような話をしすぎるとマイナス思考で頑固な印象を持たれる危険性もあるので注意しましょう。

いじられたくないことについて

じゃれあいの延長で、彼があなたをいじってくることもあるでしょう。

冗談とわかっていても、傷つくようなことを言われるのは嫌だと感じる人もいるはず。

こういった冗談には、うまくスルーすることが有効です。

冗談には本気にならず「本当に口達者だね!(笑)」「気にしてるから(笑)」と笑いを交えてスルーしていきましょう。

楽しい雰囲気を崩さず、さりげなく「嫌だ」という気持ちを伝えられます。

お互いを理解するために

表面上仲良く過ごしていたとしても、本音を言えない関係は、もろく壊れやすいもの。

本音を言うのは勇気がいることかもしれませんが、なんでも言い合える2人は長続きするものです。

ぜひ本音を言い合える、幸せな関係を目指してくださいね!

(白藤やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)