気になる男性に好かれるために、あれこれアプローチしなきゃと考える人も多いでしょう。

しかしそれ以前にまず、興味を持ってもらうことがスタートラインです。

今回は、男性に興味を持たれにくい女性の特徴をご紹介します。

片思い以前の問題?男性に興味を持たれにくい女性の特徴

自己主張をしない

自己主張をしない女性のことは、存在自体は知ってはいるものの、なんとなくしか知らない程度の男性が多いようです。

まずは男性の近くにいる回数を増やすようにして、とにかく視界に入るのがポイント。

存在感は少しずつ大きくなり、次第に男性から話しかけてくれる機会も増えることも。

少しずつ自分の存在をアピールしていきましょう。

壁を作りすぎている

心の壁を作っている感じがする女性には、近寄りがたさを感じるのだとか。

壁を壊せる気配がまったくないと、対応するのが面倒になり、その女性への興味もなくなりることもあるようです。

自分では壁を作っているつもりはなくても、相手からすると高い壁を感じることも。

笑顔が少なくいつもムスっとしていたり、自分からは全く話しかけなかったりすると、近寄りがたい雰囲気になるかもしれないので、気を付けましょう。

会話が噛み合わない

会話をしていてもうまく噛み合わず、盛り上がることも少ない女性とは、会話をしたいと思わなくなることも。

大爆笑するような話をしなければいけないというわけではなく、うまくキャッチボールができているかが重要。

自分の話ばかりしたり、男性がまだ話している最中なのに話題を変えようとしたりすると、会話は成立しなくなるはず。

そんな女性とは「また話したい」なんて気持ちにもならず、ウマが合わない感じもするので、興味もどんどん薄れていくようですよ。

アプローチをしない

自分に興味がなさそうな女性のことは、男性も興味を持ちにくいようです。

逆に言うと、自分に興味を示してくれている女性のことは、男性も次第に気になり始めるもの。

だからこそ気になる男性に対しては、興味があるとアピールするのがポイントになります。

好意を見せないままでは、2人の距離が縮まることはないでしょう。

自分にできることをしよう

ただなにもせず待っているだけでは、男性からアプローチされることは少ないかもしれません。

歩み寄る姿勢を見せたり、親しみやすい雰囲気を作ったりするのを意識しましょう。

スタートラインに立ってからが、恋愛の始まりなのではないでしょうか。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)