好きな人がいても、叶う可能性が引きそうなときにはそのまま諦める人もいるでしょう。

男性も、脈なしを実感すると次の恋を見つけようとすることがあるのだとか。

今回は、男性に「片思いを諦める瞬間」を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

脈なしかも…男性が片思いを諦める瞬間はいつ?

いつも誘うのは自分だと気付いたとき

「俺から誘えば会ってくれるけれど、向こうからは一切誘われないときですかね。自分に自信がないので『俺、うざがられているのかな?』と徐々にフェードアウトしちゃいます」(26歳男性/通信)

女性同士でも自分が一方的に誘ってばかりだと、「私と遊びたくないのかな」と悩むこともあるでしょう。

これは恋愛でも同じだといえそうです。

どんなに好きな相手で、誘えばデートできる仲だとしてもそれ以上は無理そうだと諦めるという男性も。

向こうが誘ってくれるからといって、自分からアプローチしないのはNG。

気付けばほかの女性のものに……なんてこともあるかもしれませんよ。

恋愛の話をスルーされたとき

「さりげなく『今彼氏いるの?』と聞いて『いるわけないじゃん!それより仕事が大変でさ~』とスルーされたとき、さすがにこれは脈ないわ……と思いましたね」(28歳男性/アパレル)

恋愛の話が苦手だったり、彼を意識するあまり恋バナを避けてたりする女性もいるでしょう。

しかし彼から話を振ってくるのであれば「彼氏いないよ!」や「○○くんは彼女いるの?」くらいは聞いた方がいいかもしれません。

恋愛の話をスルーされると、諦めようと考える男性が多いようですよ。

笑顔を向けてもらえなとき

「一緒にいてもどこか上の空で笑顔が少ない子は脈なしかなって思います。実際そういう子って、まだ元カレを引きずってたりする率高いし」(33歳男性/メーカー)

よほど心の広い男性じゃないかぎり、愛想がない女性は苦手なようです。

単純に「俺と一緒にいても楽しくないんだろうな」と思うのだとか。

無理に笑顔でいる必要はありませんが、感情は表に出したほうが、親しみやすさを与えられるはず。

自然な笑顔でいられるよう、楽しい会話やデートスポットに頼るのもいいかもしれませんね。

脈なしだと思わせないように

男性なかには、自分に好意がない女性にアタックなんてできないと考える人も少なくないようです。

恥ずかしかったり意識しすぎたりすると、そっけなくなってしまうこともあるでしょう。

LINEでフォローするなど、うまく好意を示すことも大切かもしれませんね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)