男性も好きな人の前では、自分を良く見せようとするものです。

なかには女性が「なんだろう?」と思ってしまうような謎アプローチも。

今回は、ちょっと不器用な男性がやりがちなアプローチ方法についてご紹介します。

自慢?それとも…男性が好きな人にやりがちな「謎アプローチ」4選

謎のお金持ちアピール

給料の高さや貯金アピールが、好きな人に対するアプローチになっている場合もあります。

自慢話のように聞こえるかもしれませんが、そんな話をしつつ、そのお金をデート代やプレゼントに使ってくれるとしたら、あなたのことが好きな証拠。

割り勘を避けたり、先にお会計を済ませていたりなど、「あなたにお金を払わせないようにしよう」とする姿勢が見られたら、確実に好意があると言えるでしょう。

自慢話・武勇伝を語る

「昔は結構モテた」とか「やんちゃしてた時代がある」など過去の話を語ることもアプローチのひとつ。

意外性やかっこいい一面を意識させたいのでしょう。

ただ、過去の栄光ばかりにしがみついている場合は、自己顕示欲が強いだけかもしれません。

一方でプライベートな部分や、武勇伝以外の思い出も語ってくれるようであれば、彼はあなたに自分のことを深く知ってもらいたいのでしょう。

知識を披露する

好きな人に対しては、物知りで博識な一面を見せたくなるものです。

「それ知ってる」と自慢げに言ってきたり、知識をひけらかすようなことが多いのは、じつはアピールのひとつと言えるでしょう。

だからこそ、男性に対して「そんなことも知らないんですか?」など知識のなさを指摘する発言は、自分が思っている以上に相手を傷つけるようです。

なんでもできる男アピール

もしもあなたが彼を助けようとしたとき、「大丈夫だよ、ありがとう」と断られたとします。

自分に興味がないようにも捉えられますが、彼はあなたにかっこ悪いところを見られたくなかったのかもしれません。

男性は、好きな人には「なんでもできてすごい!」と思われたいものです。

一方で、あなたが困っているときに助けてくれる場合は、好意を抱いている証拠でしょう。

自慢のように見えるけど…

自慢なのか脈なしなのかよくわからないのが「謎アプローチ」の特徴です。

彼の行動のなかに、あなたを思いやる一面が見られたら脈ありと考えていいでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考に、彼の気持ちを見極めてみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)