気になる彼へのアプローチをしようと思っても、自信がないとうまくいかないこともあるでしょう。

相手からすると、なにがしたいのかわからないと思われている可能性も。

今回は、男性がいやがる中途半端なアプローチをご紹介します。

なにがしたいの?男性がいやがる中途半端なアプローチ

なにも考えずLINEを送る

「知り合って1回2人で飲みに行った女の子から『お久しぶりです!』とLINEが来たんです。前に飲みに行ったのが1週間前で、そんな久しぶりじゃないよなと思いました。

しかも自分の近況だけを伝えてきて、ほかはとくになにもなし。返信すべきかどうかも悩むくらいでした」(25歳男性/広告)

好きな人といつも連絡を取っていたい人からすると、1週間さえ長く感じてしまうのでしょう。

しかしとくに内容がなく、返信のしようがないLINEを送っても、困らせる可能性があります。

LINEを送るときには、気軽に返せそうな質問文にするのがよさそうですね。

友達伝いに誘う

「飲み会である女の子と知り合い連絡を取っていました。ちょっとしてから、その子の友達からその子もいるという飲み会の誘いが来て。

でも本人からの誘いはなく。これは友達を使って誘わせてるんだと気付き、なんか面倒くさいなと思いましたね」(27歳男性/医療)

自分からデートに誘うのは、勇気がいることでしょう。

断られるのが怖いと思う人もいるはず。

しかし友達に頼って、誘ってもらうのは避けた方がよさそうです。

自分で誘う方が、誠実さをアピールできるかもしれませんよ。

誘われ待ちをする

「何回かデートした子がいて、いい感じで進んでいると思っていました。

でも連絡を取っていて、その子が『映画を見に行きたい』と言ってくれるんだけど、こっちが誘わないと話が進まないんです。途中で疲れました」(33歳男性/不動産)

男性から誘ってほしいからと、いつまでも待ちの姿勢でいるのはNG。

ただ一緒に行きたい場所を告げてあとは相手にまかせるのは、男性からの好意がある場合にこそ成立するものかもしれません。

お互いに提案し、話し合って決めていく方が、理解も深まっていくのではないでしょうか。

思い切った行動がカギになる?

どうしても勇気を出しきれないこともあるでしょう。

しかし中途半端なアプローチになると、かえって気になる彼との距離が離れることも。

ときには思い切って行動に出るのもいいかもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)