言わなくても察してほしい女心があるように、男性にも察してほしい男心があります。

とくに、女性にかっこ悪い姿を見せたくない男性には、あえて触れてほしくない領域があるようです。

気遣いのつもりでそこに触れてしまうと、彼からの印象が悪くなってしまうかも。

今回は、男性が「スルーして欲しい」と思っていることについて、ご紹介します!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【男性に聞いた!】気付いても「触れないで欲しいこと」3選

お金の余裕がないとき

「昔付き合っていた子に『給料日前だから、しんどいでしょ?今日は私が出すよ』って言われたことがあります。その子いわく、些細な行動から財布がピンチだと予想できたらしい。

図星だったけど、そこはかっこつけさせてほしかったな……それぐらいは計算して誘ってるから」(30歳男性/理学療法士)

デートの会計は、女性にとっても気になるポイント。

長く付き合っていると、彼のお財布事情を察することもあるでしょう。

しかし男性は、自分の懐が寂しいことにはあまり触れてほしくないようです。

直接的な声がけや気遣いは、彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。

もし彼のピンチを察したら、「いつも出してもらっているから、今日はお礼に」とか、「たまには出させて」と言ってみて。

そうすることで、彼も気遣いを受け取りやすくなるはず。

デートで緊張しているとき

「ちょっと背伸びしたデートをするときは、男でもドキドキします。そこはイジらないで見て見ぬふりをしてほしいですね」(26歳男性/銀行員)

「女の子とのデートって、すごく緊張します。前日にイメトレしていることもあるので、予想外の展開には弱いですね。エスコートは上手じゃないけど、笑顔で付き合ってくれる子だと安心します」(28歳男性/SE)

デートで緊張するのは、女性だけではありません。

恋愛経験が少ないことにマイナスイメージを持っている男性も多く、余計に緊張してしまうのだとか。

そのため、女性をリードするのが苦手でも、それを必死に隠そうとするようです。

それでも、彼の緊張が伝わってくることもあるでしょう。

場を和ませようとして、彼をイジるのはNG。

かわいらしい一面が見られたらラッキーくらいに思って、緊張からくる多少のぎこちなさには、目をつぶってみて。

あえて女性から、「私こういうの慣れてなくて、緊張する」と言ってあげれば、彼もホッとするかもしれませんよ。

仕事で失敗したとき

「好きな子には、上司に叱られている姿を見られたくないですね……。励ましてくれるのは嬉しいけど、自分の情けなさを痛感して泣きたくなります」(27歳男性/営業)

社内恋愛の場合、彼のミスを目撃することもあるでしょう。

また、社内恋愛でなくとも、彼が仕事でミスをして落ち込んでいる姿を見るかもしれませんね。

そんなときは、無理に話を聞こうとしたり、慰めたりしないほうがよさそうです。

とくに、厳しく注意されているときは、そっと席を外したり、知らないふりをしてご飯に誘ったりしてみて。

もちろん、彼の方から「話を聞いて」と言ってきた場合は、聞き役に徹するといいでしょう。

繊細な男心を理解して

女性が考えている以上に、男心は繊細なのかもしれません。

好きな人と悩みを共有したい気持ちや、気遣いたい気持ちもあるでしょう。

しかし、ときにはそれが逆効果になることもありそうです。

今回ご紹介した例を参考に、見て見ぬフリも大事にしてみて。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)