片思いの告白で失敗しがちなパターン5つ

不倫はいけないことだと、誰もがそう認識しているのではないでしょうか。

しかしなかには、それでも愛を踏み入れてしまう人も……。

今回は、経験者の男女に「不倫が迎えた結末」を聞いてみました。

経験者が語る!壮絶な不倫が迎えた結末とは…?

本気になられて…

「不倫の『終わり』はどちらかが本気になったときだと思います。僕の場合は向こうに離婚してほしいって言われて、潮時だと思ったので終わりました。

割り切った関係を求めてたし、なにより離婚なんてできるわけないです」(32歳男性/広告)

とくに既婚者側は、割り切った関係を求める傾向があります。

本気になられた途端関係を終える……なんてことも。

「愛してる」や「大切だ」と口では言っていても、本心ではこう思っているのかもしれませんね。

慰謝料請求され…

「バレて多額の慰謝料を請求されることになりました。金額を見て顔面蒼白です。人生終わったなって思いました」(29歳男性/メーカー)

不倫の最中は恋に溺れて楽しんでいても、慰謝料を請求されることで一気に現実に引き戻されるのだとか。

バレないだろうと思っていると、痛い目を見ることになるでしょう。

既婚者とは知らなかったけど…

既婚者とは知らなかったけど…

「会社の上司と付き合ってたんですけど、彼が既婚者だってことを知らなくて。無理だと思って別れようとしたら『離婚するから待っててくれ』って言われたんです。

正直信じられなかったんですけど、離婚の成立と同時にプロポーズされました」(27歳女性/不動産)

既婚者だと知らされずに交際に発展することも。

一瞬でも同時進行していると思うと心配になりますが、その後結婚するパターンもあるようですね。

妊娠が発覚し…

「私の場合は妊娠っていう結末を迎えました。言ったらきっと別れることになるから、ずっと黙ってて。産もうかどうしようか1人で悩みながらずっと泣いてました」(27歳女性/メーカー)

不倫関係を続けていくと、妊娠する可能性もなきにしもあらず。

そうなったときに困るのは、あなたでもお相手でもなく、お腹の子です。

きちんと先のことまで考えた選択ができるといいですね。

不倫する必要、ある?

不倫の経験から得られるのもはなさそうです。

その場の感情や勢いに流されたままだと、後悔することになるでしょう。

どうするべきなのか、冷静に判断できるよう心がけてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)